• EN
  • JP
thumbnail

FL Studioは、標準で同梱されているプラグインが多く、結構使えるものも多いので、そこが魅力の一つとも言えます。今回はFL Studio 11 で私自身が良く使っているプラグインをまとめてみました。

FL Studioについて

FL Studioは、ベルギーのImage-Line社のDAWで、名前が変わる前のFruity Loops時代を含めると、1998年から存在している意外と古参のソフトです。

Windows専用機なのでMacユーザーには馴染みが浅いかと思われますが、他のDAWに比べて値段が安めだったり、生涯無料でアップデート出来たりと、シェアウェア上がりなこともあってか、色々と良心的です。

日本ではボカロ界隈で人気があるらしい。ちなみにiPhone版やiPad版もあって、Mac版も開発中だとか。

※ver20からMacにも対応しました。

同梱プラグインの傾向

クラブミュージックに強いなどと言われているFL Studioですが、確かにもとから入っている音源は生系よりシンセ系のが強い印象ですね。

特に同社別製品のデモ版(なんと機能制限なし!)を含めると、ソフトシンセはかなり充実してると思います。スピーチシンセサイザなんていうボカロもどきも入ってます。

エフェクトに関しては、それに比べると普通なものが普通に入ってるような印象です。

それではいってみましょう。私が良く使うプラグインは以下です。

FL Keys

ごくシンプルなピアノ音源です。これのエレピ音色は結構使いますね。

数あるプラグインの中でも地味ですが、地味な分脇役として使いやすいです。

特にこれがいいってわけでもないんですが、軽いしお手軽なんでとりあえず入れといて、そのまま最後まで残っていることが多いです。アンビエント系のサンプリングループにさり気なく混ぜたりして使うことが多いかな。

Sytrus

Spectrasonicsのビート音源と少し名前が似ていますが全くの別物です。

所謂FMシンセってやつです。使い方はよくわかっていないのですが、プリセット音で使いやすい音が多いです。

特にこれのデフォルトの音、いかにもシンセで作ったようなオーケストラの音が使いやすく、個人的Pad系音色の定番として使いまくっています。

ここまでデフォルト音が使える音源なんて他にないのでは?と思ってしまうほど。

Autogun

これもソフトシンセなのですが、音作りなどの操作は出来ません。

億単位で入ってるらしいプリセットの中から、ランダムで何かが読まれてくるという、一期一会スタイルの超運ゲーシンセです。

音色のクオリティは高め。欲しい音に出会えればラッキー(笑)

FL Slayer

ギターシンセです。ギターではなく、シンセで作ったギターっぽい音です。

Nexus2で有名なreFX社の開発らしい。

実際ギターっぽいかどうかも怪しいのですが、インターフェースがカッコいいので仮オケ作りに使ってました。

PCをパワーアップしてからは仮オケもElectri6ityで作ってますが。。。

バンド的には全く使えませんが、トランスなどの「いかにも打ち込みギター」な感じを狙う場合は逆に使いやすいのでは。

BooBass

ごくシンプルなエレキベース系音源。(見るからにシンプルですな。。。)

上記のFL Slayerとは違って、エレキベース的にいくらかそれっぽい音がするので、うまく作れば最後まで使えなくもない、かも。

とにかくめっさ軽い&メインのTrilianがめっさ重いので、仮オケ作りに重宝します。

Fruity Parametric EQ 2

個人的にとても重宝しているパライコです。

効きは弱めで、画像のように、鳴っている帯域がグラフィカルに表示されるので、ミックス初心者のとっても強い味方です(笑)

ちなみに2ってことで当然1もあるのですが、1はシンプル過ぎて逆に見難いですね。

Fruity Blood Overdrive

なんの変哲もないごくシンプルなオーバードライブです。

FLお得意のツマミだけインターフェース(笑)

ボーカル(スクリーム)に、音が変わらない程度に乗せてやると迫力が増すんですなー。

それ用途は基本はCamel Crusherを使っているですが、場合によってはこっちの方がよかったりします。

Vocodex

ボコーダー。まあよくわかりませんが(笑)適当にいじくるだけで、所謂ボコーダーの「あの声」が作れます。

飛び道具的にスポークンワードを入れたいときなんかはこいつの出番です(笑)

Hardcore

ギターストンププラグイン。その名もハードコア!

上述のように、クラブミュージック寄りのプラグインが強めなFLですが、これはプリセットも結構豊富で、何故か気合入ってます(笑)

ハードコアの名に恥じず、ラウド系のプリセットなんていくつも入ってます(笑)

アンシミュ買ってからは使うことはなくなりましたが、学生時代に、バンドのデモを作ためにFLを買って、金も知識もないから他のプラグインなんて買えるわけもなかった頃、こいつが入っていて非常に助かりました。

そしてこのディストーションは完全にメタルゾーンですよね(笑)

まとめ

大体こんなところでしょうか。こうして挙げてみると、意外と標準のプラグインも使ってるんだなーと気付かされますね。

別にこだわりまくらなければ、FL1本とオーディオI/Oだけで十分曲作れちゃうんですよね。

つまり、機能も十分でユーザーに優しいFL Studioは、とってもオススメのDAWってことです。

それからユーザーインターフェースも独特ではありますが感覚的に操作がしやすく、慣れるとめちゃくちゃ使いやすいです。

今後、ライブ等が出来るようになってきたらMacbookを使う予定なので、早くMac版が出てくれないかなーと楽しみにしています。

商品情報

合わせてどうぞ

▶FL Studioを選ぶメリット5選【DAW】

▶FL Studioでサンプリングを行う最も簡単な方法