• EN
  • JP
thumbnail

KORG microKEY-37 がきちんと認識されない問題の第2回目です。以前はドライバの再インストールで直りましたが、再び発生したので改めて原因を探ります。

1回目はこちら

▶KORG microKEY-37 が認識されない時の対処法

この時は、別途配布されているドライバをインストールしてデバイスを割り当てたら解決しました。

再び認識されなくなる

前回は上述の通りで一度解決したと思っていたのですが、気がついたらまた認識されなくなっていました。

なんでやねん!ということで再び原因を探る第2回目です。どうしたmicroKEY、どうした天下のKORG。

こんな記事を発見

色々調べていたら、以下のようなエントリーを発見しました。

▶Amazon カスタマーレビュー KORG microKEY-61

一部抜粋します。

私が使用してるPC(マザーボード:AsRock H67M-GE)の場合、USB3.0のポートでないと正常に使えないのです。
USB2.0ポートでは殆ど認識すらしてくれません。
オンボードのUSB2.0ポート4つの内、3つは全く本機を認識しません。本機の電源も入りません。
残る一つの2.0ポートは、PC起動後に本機を繋ぐとキチンと認識して使用可能となりますが、繋いだ状態でPCを起動した場合は認識もせず電源も入りません。
スリープ状態からの復帰でも、やはり認識せず電源も入りません。
USB3.0ポートならば、至って普通に使用出来ますので、少々勿体ない気はするのですが3.0ポートに接続して使用しています。
メーカーにメールで問い合わせたところ、真摯に対応を頂けたのですが、残念ながら原因も分からず解決には至りませんでした。
かなり稀なトラブルの様です。

要約すると、こちらの方もmicroKEYが認識されなくなったようなのですが、USB3.0ポートに挿したら認識しました、とのこと。

メーカー的にも原因不明で稀なトラブルとのことですが、これには少し思い当たる節があります。

電源供給が足りない可能性

USB2.0がダメで3.0がOK。デバイス自体は2.0対応で互換性の問題ではない。となると、USB2.0と3.0の違いは何でしょうか。

電源の供給量ですね。

USB2.0がバスパワーで500mAの供給なのに対し、USB3.0は900mAの供給です。

レビューの方の詳細な環境は分かりませんが、私の場合は、USB接続している機器多数で、PC自体もCPUをCorei7に乗せ換えて、グラフィックボードとSATA内部接続でSSDを追加して、要は色々と電気を食いそうな改造をしています。

電源は600Wに換装してはいますが、それでも電力供給が足りなくなる可能性は十分ありえるのではないかと感じます。

解決した

ということで、私もmicroKEYをUSB3.0ポートに挿してみたところ、あっさり認識いたしました。

なるほど電源ですか。それにしても、いや公式把握しとけよと突っ込みたくなりますね…笑

参考にしたレビューは61鍵モデルだったようですが、とはいえ、microKEY-37も、裏側から単3電池4本くらい入りそうな筐体してますし、恐らくそれなりに電気喰うのでしょう。バスパワー専用ですけどね。

まとめ

2度目ですが、ひとまず解決してよかったです。。。

バスパワー機器の必要供給電力については公式でも把握しきれていないことがあるのでしょうか…とりあえずその辺りも気を使いましょうということですね。

商品リンク