• EN
  • JP
thumbnail

Amplitube Mesa Boogieが出たので試奏してみました。

ハイゲインといえば Mesa Boogie

ハイゲインアンプといえば、ゴリゴリサウンドといえばのメサブギー。

遂に我らがAmplitubeに登場しましたね。ゴリゴリハイゲインに関してはメサブギー、特にレクチですが、これで念願のメサ/オレンジの組み合わせが出来るわけですね。

というわけで早速Amplitubeレクチを試奏してみました。

感想

今まであったレクチ風モデルのMetal Tube Lead(だっけ?)が微妙だったのでどうかなーと思ってはいたのですが、うん、なかなかいいのではないでしょうか。

ヘッドはデュアルとトリプルとあって、どっちも試したんだけど大きな差はないかな。若干トリプルのほうがファットでリッチだけどハイゲインならかえってデュアルのほうが抜けると思います。ほんと大きな差じゃないですけど。

キャビは2×12と4×12を試しました。

4×12はシミュレーターのメサらしい籠もりっぷりですが密度と迫力はなかなかのもの、2×12はでちょっとエッジィだけどブライト且つレクチのぶっとい中低音も持っててキャビなら2×12のほうが使いやすそうです。ギターでロー出てても結局ミックスで削らなきゃならんしね。

相変わらずシミュレーターは歪が弱いのでブリッジミュートのズンズン感をしっかり出したいのであればオーバードライブは必須ですが、Amplitube付属のDiode Overdrive(だっけ)が自然で使いやすいのでここは問題なし。

因みにAmplitubeで一番ゴツかったのはENGLをイメージしたANGERってやつだった。ENGLの登場で多分消えたけど。

Orangeキャビと組み合わせたい

で、やりたかったMESA/ORANGEの組み合わせ。

ヘッド:デュアルレクチ + キャビ:オレンジPPC412が最高でした。

ハードコア、メタルコア系やりたいならこの辺いい感じですね~オススメです。

あ、ちなみに全部ハイゲイン、ヘヴィリフの話です。クリーンとかは試してません。

まとめ

今回、試奏した際の参考音源を特にアップしたりはしていませんが、Amplitubeって無料で試奏できるので特にいらないですね。

自分は今は上下オレンジでしっくり来ているのですぐには買わないでしょうがもっとゴツイ音が欲しくなったらレクチ買うと思います。

ソフトウェアのシミュレーターとはいえ、実機の1/10以下の価格で手に入るって改めて凄いことですよね。

商品リンク