thumbnail

ギターのダウンチューニングを行うにあたって最適な弦のゲージについて考察します。その上でオススメを紹介したいと思います。

はじめに

ラウド系のギターをプレイする場合はダウンチューニングを用いる場合が多いと思います。

チューニングを2音、3音と下げていくと一般的な 09-42 などのゲージでは緩くなってしまって厳しくなってきますよね。

そうすると太いゲージの弦を張る必要が出てきますが、太くし過ぎてもなんかしっくりこなかったり…。

これがベストといえるものにたどり着くのって結構難しいです。そして沼にハマる…。

ジャンルやプレイスタイル、好みに合わせて気持ちの良い塩梅の弦を見つけることが重要ですが、意外と参考になる資料って少ないのかなと思います。

ダウンチューニングとは

そもそもダウンチューニングとは何でしょうか。

ギターのチューニングは、通常1弦(高い方)から E, B, G, D, A, E となっています。

これより低い音に合わせるとダウンチューニングとされます。

ボーカルのキーの調整などのために用いることもありますが、ことラウド・メタル系においてはチューニングを下げることでヘヴィな質感を追求するため、過激にチューニングを下げることが多くあります。

メタルコア、デスコア、ハードコア、デスメタル、等のジャンルは2音とか3音とか、ゴリゴリにダウンしたりします。

7弦、8弦といった低音が増えた多弦ギターも存在しますが、音の質感がかなり変わってくるので、敢えて6弦ギターでダウンチューニングをする場合も多いです。

ドロップチューニングって何?

ダウンチューニングの中でもドロップチューニングと呼ばれるものがあります。

私の知る限りではドロップチューニングを取り入れているラウド系のバンドは非常に多く、ラウド界隈では寧ろこちらがスタンダードなチューニングとすら言えるように思います。

そんなドロップチューニングとは6弦のみ、他の弦より更に1音下げるチューニングです。

例えばドロップDチューニングなら、レギュラーチューニング + 6弦のみ1音下げ。

ドロップCなら、全弦1音下げ + 6弦のみ2音下げ、といった感じになります。

これによって、6弦ルートのパワーコードが指1本で弾けるようになり、ヘヴィリフを鳴らす際のプレイアビリティが非常に向上するんです。

弦の太さをどうするかが肝

基本的にはチューニングを下げるほど弦を太くしていくことになります。

ここで、どのくらいの弦の太さにするかによって弾き心地が変わってきますし、音の質感もかなり変わってきます。

だからこそ、太さをどうするかって悩ましいんですよね。

個人的には、細すぎず太すぎずギリギリの所を狙いたいですね。

弦の太さによる音の違いについては下記に詳しく書いています。

また参考になりそうな音源は下記にまとめました。

スケールを考慮しよう

フェンダー系のギターとギブソン系のギターで、スケール(弦長)が変わってきて、フェンダー系の方が長いです。

  • フェンダー系:25.5インチスケール
  • ギブソン系:24.8インチスケール

出来れば長いスケールの方がダウンチューニング時でも弦のテンションを保ちやすいです。ブリッジはアームが無い固定タイプのものだと尚良し。ハードコア系だと敢えてスケールの短いレスポールでダルンダルンにしているケースも多いですね。

更にスケールが長いバリトンギターというものもありますが、これはまた全然音が違ってきます。

弦のメーカーは何が良い?

弦のメーカーによってテンション感や音が変わってきたりはしますが、とはいえどこのメーカーのものにするかは完全に好みで良いと思います。

もしどうしても迷ったら、最も定番のダダリオ EXL シリーズで良いかと思います。

参考までに有名どころの特徴を書いておきます。

  • ダダリオ EXL:全ての基準といえる定番
  • アーニーボール:ブライトでハリがある。寿命が短い
  • ghs:ガッツのある音。寿命が短い
  • DR:アメリカンドライな感じ。ドロップチューニング向けの DDT シリーズがある
  • エリクサー:高価格高耐久。コーティングでツルッと弾ける。クセのない音
  • ダダリオ NYXL:高価格高耐久。EXL を全体的に一段階リッチにした感じ

オススメの弦

ここまでの内容を踏まえて、私的にバランスが良いと思うオススメの弦を紹介します。

基本的なセレクトの基準としては、ドロップチューニング前提で 太くしつつもギリギリまで細め といった塩梅のセレクトにしています。なので緩さを気にする場合はもう1段階太くても良いかもしれません。

なお高音弦はあまり気にしなくも大丈夫かなと思いますので、6弦ギターの6弦を基準に考えて弦を選んでいます。

ドロップD(D, A, D, G, B, E)

ドロップDくらいであれば、普通の弦でもそこまで気にならずにあまり問題なく弾けるかと思います。

なので一般的な 09-46 等でも問題はないと思いますが、出来れば少し太くして 6弦48~49 くらいの弦にしておくと緩さを感じずに弾くことが出来ると思います。

ドロップC#(C#, G#, C#, F#, A#, D#)

6弦1音半下げですね。採用バンドの例は Limp Bizkit や Architects など。この辺りからレギュラー弦では緩さが結構気になってくる感じになると思います。

ドロップ C# では、6弦50~52 くらいが良いかと思います。ヘヴィゲージを取り入れても良くなってくる領域かなと。

ドロップC(C, G, C, F, A, D)

ドロップCというと、よく用いられる定番のドロップチューニングというイメージですね。

ここでは 10-5211-52 のような、一般的なヘヴィボトムとして各メーカーから売られているゲージセットがしっくり来やすいです。6弦52は大体どこのメーカーでもヘヴィゲージとして扱っているので、選択肢も意外と広いんですよね。

もう1段階太くしても良いですが、個人的には52がオススメです。

↓6弦53ですが、こちらもオススメです。

ドロップB(B, F#, B, E, G#, C#)

2音半下げ。Slipknot が採用しているチューニングですね。あとポストメタル系に多かったりします。デスメタル系だとドロップではない全弦2音半下げも見かけます。

細め緩めなら上記と同じく 6弦52 でも良いですが、一段階太くして 54 か、 56 くらいがジャストフィットします。

6弦56の弦は次で紹介するので、ここでは6弦54の弦を紹介します。

ドロップA#(A#, F, A#, D#, G, C)

6弦3音下げ。普通の6弦ギターだとこのくらいまでのダウンチューニングが限界かなという印象ですね。このチューニングの採用バンドは一部のメタルコア系に多いかなと思います。

この際は 12-56 などの6弦56のセットが良い選択肢だと思います。

もしかしたら56でもちょっと緩く感じるかも知れませんが、これ以上太くすると音の質感、特にブリッジミュートしたときのズンズン感が結構変わってくるので、ここでは56弦をすすめておきます。

↓6弦58でも良いのですが、これは限りなく選択肢が少ないですね。

更に太くしたい場合

もっとチューニングを下げるとか、テンション感が気になるのでもっと太い弦を張りたい、という場合もあると思います。音の質感は変わってきますが、それは必ずしも悪いということではないですしね。

7弦ギター用の2~7弦を張るのも1つの手ですが、6弦用のエクストラヘヴィ弦も探してみると意外と選択肢があるので以下に紹介します。

まとめ

いかがでしょうか。

求める音や質感、ジャンル、好みによってベストな答えは変わってきますが、私なりにたどり着いた結果を紹介させて頂きました。

有名どころの弦メーカーをひと通り網羅しようとしたら商品紹介がかなりかさんでしまいましたが…便利に使って頂ければ幸いですm(_ _)m

繰り返しになりますが個人的にはむやみにゲージを太くしたくないので、極力太くしすぎないことを念頭にしつつ少しづつゲージを上げていくようなセレクトになっています。

ですが実際は質感や弾き心地共に好みや狙っているトーンによって最適解は変わってくるので、色々試してみて自分なりのベストを見つけられるのが一番良いと思います。

この記事ではそのサポートが出来れば幸いです。

ということで、弦のゲージ選びで迷った際には是非参考として見て頂ければと思います。そして気持ちよく自分のヘヴィサウンドを鳴らしましょう!

合わせてどうぞ