• EN
  • JP
thumbnail

各社で色々なドラム音源が売られており、色々なレビューを見かけます。その中でもフリー音源であるShino Drumsが好きだなと思いました。特徴のある音ではありますが、その特徴を活かすことで有料のハイエンドなソフト音源にはない魅力を発揮できる良い音源だと思います。今回はそんなShino Drumsの魅力を改めて紹介します。

DTMでバンド系の曲を作る際ってドラムは打ち込みを使用する場合が多いのではないかと思っています。

かくいう自分もドラムは打ち込み。そこそこ色々な音源を購入していますが、行きついた先はフリーの音源。

Shino Drumsはそれくらい自分の求めている音にドンピシャでした。

Shino Drumsとは

http://shinoatarubasho.wixsite.com/shinodrums

こちらで配布されているフリーのドラム音源です。

しのさん(@shino8820)という方が制作されているのでShino Drumsということだと思います。

サイトの紹介文にも、

フリーのドラム音源としては、最高品質を誇る。そう自負しています。

とありますが、まさに仰る通りだと思います。ありがたい。

何が良いのか

サイトに載っているデモを聴けばわかりますが、なかなか荒っぽくて生々しい音がします。パンクな感じ。生ドラムって感じ。

それが良いんです。

有料の音源だと、自分はEZDrummerとAddictive Drumsの拡張音源を色々買っているんですが、どれも音が整いすぎてるんですよね。他製品もそうだと思います。

そういった有料音源群は適当に打ち込んでもそれなりのクオリティを出すことが出来ますが、だけどやっぱり整っている分、生々しさを出すことは難しいなと感じます。こちら的にはあまりリアルな音ではないというか、クオリティの高さが逆に打ち込みくさいというか。

実際にバンドをやっていて思うことですが、アマチュアバンドのコストをかけられないRECでは、有料音源並みにドラムをガッツリ整えることは難しいです。

その辺Shino Drumsは、実際のバンド活動でRECできる音に非常に近く、そして品質も高い。音の感じもまさにって感じだし、整ってない感じがリアルですね。

実際自分がやりたい音楽は、ハードコアとか、ポストメタルとか、ドラムは少しラフで生々しい音の方が格好良く聴こえるジャンルです。

そういった生っぽさを最も表現できる音源がShino Drumsなんですよね。あとむっちゃ軽い。

逆にデメリットは?

前述のように良くも悪くも整ってないので、適当に打つと音量に結構ばらつきがあったり、音作り、打ち込み、ミックス全てこちらから能動的に追い込んでやる必要がると思います。ただ狙ってる音が明確な場合そういった追い込みは必ず発生するものかなとは思いますが。

あとラウンドロビン機能が恐らくないため、連打するとマシンガンエフェクトが発動してしまいます。速いフレーズ多いためこれは結構痛いなーと思っていて、他の音源と混ぜて使ったりしていたのですが、ベロシティごとにサンプルが切り替わる仕様を利用して回避できることが判明。

オーバーヘッドやアンビエンスもないのでこの辺はリバーブを駆使して作ってやる必要があります。この辺は音源側で搭載すると結構大変そうなのでフリーだしドンマイですね。

あとは対応フォーマットがKontaktとかBatteryとかなのでガチフリーで使えるのかは不明。サウンドフォントとか駆使してなんとかなるのかな?あまりその辺は知りません。自分はサムネの通りBatteryに読み込んで使っています。

まとめ

・荒々しさ
・生ドラム感
・不揃い感、ラフな感じ

を求めるならとても良い音源だと思います。

有料音源と比較したうえでフリーの音源を選ぶってなかなかだなと思いますが、それくらい素晴らしい音源だと思います。勿論フリー故のデメリットもあるのでミックスを頑張る必要はありますが、その辺が大変だなと感じる場合はエッセンスを取り入れるためにほかの音源に混ぜて使うなんてのもオススメです。

Shino Drumsを使ったtip記事

好きな音源だけに、色々と試しています。いい感じに出来たものに関しては記事にしていますので、以下も合わせてご覧頂ければと思います。

▶【フリードラム音源】Shino Drumsでモダンラウドな音を作る -バスドラム編-

▶【フリードラム音源】Shino Drumsでモダンラウドな音を作る -スネア編-

▶Metal MachineとShino Drumsをブレンドした生々しく荒々しいラウド系ドラムMIX

▶Shino Drumsと相性の良いプラグインで、手軽にロックでパワフルなドラムを作ろう

備考

Shino Drumsはいくつかのフォーマットに対応していますが、メジャーどころではBatteryかKontaktで読み込むことになると思います。(私はBatteryを使用しています)

これらがバンドルされているKompleteはMassiveなどの有名シンセも入っており制作全般においてあると便利、というか必需品レベルなので、持ってない人は買ってしまいましょう。