• EN
  • JP
thumbnail

BOSSのベース用プリアンプ / オーバードライブペダル、BB-1X Bass Driver を購入したのでレビューします。

はじめに

私にしては珍しくハード機材を購入しました。

というのもちょっとバンドでベースを弾くことになりまして、実際にやってみたところ直アンプだと色々心もとなかったんですね。

それで色々と調べた結果 Boss BB-1X Bass Driver の購入を決めました。

ちなみに、DAWへ録音する際にもベースプリアンプは持っておくと良いですよ。

写真左が本製品。右は KORG のチューナーです。

Boss BB-1X Bass Driver とは

BOSS から2015年に発売された比較的新しいベース用オーバードライブ / プリアンプ / DIです。

公式曰く、

プリアンプのようにベースの基本となる音色作りを行うためのペダル。ベースやアンプ本体のサウンド ・ キャラクター、演奏者の個性を最大限に引き出してくれます。
ワイドレンジでありながら音の芯をしっかりキープしたパンチのあるサウンドを実現。

とのこと。

歪みエフェクター兼プリアンプという感じですね。

LINE OUT があるためプリアンプとしてのポジションも担っている感じかと思いますが、この機能はDTMerとしては地味に便利で助かります。

比較的新しい機材だけあって、この手のエフェクトのデメリットを潰しつつ高品位な歪みが得られるなと感じています。以下レビューしていきます。

ゴリ、ジャリっとした強い質感に

ベース用の歪み系プリアンプ言えばサンズアンプなどが有名ですが、この BB-1X Bass Driver もそちら系統のゴリっとしたイカツイ感じの音が得意分野な感じです。

結構ゴリゴリとした力強い質感で存在感があり、バンドアンサンブルの中でも気持ちよくゴリッと感が出てくる感じがあります。

あと、アタックが結構出るようになりますね。ピック弾きがとても気持ちよくなります。

歪みの弱点が解消されている

ところで、イカツイ歪みで有名どころなサンズアンプ等は、音が痩せる・抜けなくなるという弱点がある事はご存知でしょうか。

それは、歪みの質感をカッコよくするためにミドルをごっそり削っていることにより、そうなってしまいます。

つまり噛ませると自動的にドンシャリになってしまうのですが、その特性を理解していないとスカスカになってしまうのですね。

ところがこの Boss BB-1X Bass Driver に関しては、ミドルが変に削られることなく、音がしっかり前に出てくるようになります。

エンハンサーをかけたように抜ける歪みになる感じで、とても良いですね。

従来のベース歪みペダルの弱点が見事に解消されています。

(※弱点といっても、使い方次第ではありますけどね)

音づくりの幅は広いが、方向性は一系統

つまみは下図のような感じです。(画像は公式から)

  • LEVEL:音量
  • BLEND:原音とのDRY/WET
  • LOW, HI:EQ
  • DRIVE:歪み

これだけです。とてもシンプルですね。

原音と混ぜることでナチュラルに音を作ることが可能な一方で、EQ やドライブはなかなか過激に効きます。

ハイを強めにブーストすればかなりジャリジャリにすることも出来ますし、歪みも右に回していくと15時くらいからかなりバリバリな感じの過激な歪みを作ることも出来ます。ローも持ち上げるとなんか凄いことになる(笑)

まあ、基本そんなに極端な設定にすることはあまりないとは思いますが…。

しかしフラット寄りの位置では非常に扱いやすく、実用域で優秀な感じは凄く良いですね。

ミドルのつまみがないのが少し惜しいポイントではありますね。

この質感でミドルをカットすることが出来ればメタルコアや Djent のような機械的な音を簡単に作れたのではないかと思うだけに、少し惜しいような気はします。(やらないけど)

音の方向性としてはゴリっとした感じの系統のみですが、その範疇の中での調整は幅広く出来る印象です。

柔らかい音とかは厳しいですね。あくまで歪みペダルですからね。

裏技

裏技ってほどでもないかも知れませんが…私のお気に入りのセッティングが、LEVEL を MAX にすることです。

こうすることでサステインとダイナミクスが強力に整うので、ラウド系などでも非常に実用的な音になりますし、ライブで暴れながら弾いてもある程度安定してくれるので最高です。

まとめ:良質の化学調味料

ネットで調べたうえで試奏せず購入したのですが、自分が欲しい用途としてはバッチリはまる機材でした。

単体の音はもっと原音チックでも構わないのですが、コイツを通すことで大幅に安定感も抜けも良くなるので、バンドで合わせた時も、DAWに取り込んだ時も、あるとないとでは雲泥の差。

オケに合わせた時のレベルが2段階くらいアップします。

セッティングも難しいことをする必要がないし音粒も整いやすいので、初心者でもそれっぽくしやすいというか、実力がある程度カバーできてしまう感すらありますね。

個人的ににはミドルを削らずにゴリッとした質感を作れるのが非常にお気に入りで、これぞ欲しい音という感じでした。

このドーピング感はまるで化学調味料だなと感じた次第です。二郎の白い粉みたいな、バキッと中毒性のある感じ(笑)

控えめに言っても買ってよかったです。購入以降バンドに録音に大活躍しており、完全に必須物と化しています。

商品リンク

合わせてどうぞ

▶EMG P レビュー。安定感とハイパワーの優等生

▶【Comp噛まそ?】MXR M87 Bass Compressor【レビュー】

▶【安定感アップ】Hipshot KickAss Bass Bridge【レビュー】