• EN
  • JP
thumbnail

DTMをやっていると歌や楽器の録音、練習の為に防音設備が欲しくなってきます。環境にもよりますが、DTMerなら防音室自作を検討してみても良いと思います。

というのも私自身、かつて実家の自室を DIY で防音化して、そこで音楽制作をしていました。その部屋については下記で紹介しています。

(※見た目があまりイケてないので、サムネイルにはフリーフォトを使っています)

現在は転居してしまって使っていないのですが、また使う際にメンテナンスをしたり、未来の転居先でまた施工したりということがあるかも知れません。

そんなわけで備忘録も兼ねて、防音施工を自力で行った際に学んだ知識についてまとめました。参考になれば幸いです。

既製品の防音室は高額

防音室は既製品を購入しようと思うとお値段が結構高くつきます。

大手メーカーののものだと軽自動車が買えるくらいはしますし、安いものでも20万円程度はするイメージですね。

金銭に余裕があるならともかく、他に買う機材もありますし、自分の用途に合わせて自作してみても良いのかなと思います。

ちなみに防音室を購入する場合の選択肢については下記にまとめています。

防音室を自作すればコストを抑えられる

既成品を買うと高額ですが、防音室は自作することで、場合によっては大幅にコストを抑えることが出来ます。

設置する環境にもよりますが、人ひとり入れるブースくらいのものであれば、数万円~10万円くらいである程度のものは作れてしまいます。

100万円の防音室を買うか、10万円で自分で防音室を作るかといったら、私なら後者が良いかなと思います。

ということで、以下より防音室を自作する際の知識や方法について解説していきます。

防音の基本概念

防音=吸音+遮音(+制震)

が、防音の基本的な概念です。

歌やパーカッション以外の楽器なら、基本は吸音+遮音のみの考慮でOKです。

(制震はドラムの音や壁を叩く音などの空気以外の物体の振動成分が強い音(物理音)向けのもので、素人のDIYでは効果的な対応は難しいのでスルーします。)

雑な図ですみませんが吸音+遮音のイメージは下記のような感じ。

吸音材で音の余分な成分を吸収し、残った成分を遮音材で遮るというイメージですかね。

なので、防音をするのには壁に遮音材→吸音材という風に貼っていくことになります。

また、部屋ないしブースの全面に貼らないと、貼っていないところから音漏れになってしまうので、面倒ですが全面に貼る必要があります。

防音室自作に必要な資材

遮音材

壁に貼る遮音材は、サンダムのCZ-12という下記の商品がオススメ。

コスパとクオリティのバランスが良く、工具系のハサミで簡単に切れます。

時点が下記。日東紡のJ-700。CZ-12よりワンランク上の品質と思われますが、個人的には自宅レベルならCZ-12で十分かなとは思います。

ガチるなら鉛シートです。非常に重く扱いが難しいと思いますが遮音性は数倍違うらしいです。

ガチるならその2。憧れのSONEXの遮音材もスペックからして気合入ってます。

それから裁断に使うハサミですが、こういう感じのものがオススメです。普通のハサミだと流石に厳しいです。

吸音材

壁に遮音材を貼り、そこに吸音材を貼ります。

吸音材は色々な商品がありますが、全面に貼ることを考慮すると大きめのボードタイプがおすすめです。

なかでもコスパが良いのが下記のGCボード

中にグラスウールという素材が詰められているボードです。カッターで簡単に切れて作業もしやすいです。素手でやると若干チクチクするので軍手があると良し。

GCボードよりワンランク良いものが、下記のMGボード

こちらはロックウールという素材で密度が高いため性能も良くなっています。ここぞというところに使うと良いと思います。

そして見た目からして最高なのがやはりSONEX。貼るだけでスタジオ感MAXになってモチベーションも上がるやつです。音響専用品なので性能も折り紙付き。

ここまでのコスト感

試しにここまででかかったコストを出してみます。

上記のGCボードのセット1発で済んだ場合だと、CZ-12と合わせて3万円ちょっとです。

ハサミやテープなど周辺道具を買い足してもDAW1本買うくらいの温度感でいけるのではないでしょうか。

(もちろん高い材を買えば高く付きますが)

遮音材は多くの場合、余るくらいだと思うので、あとは部屋の大きさに比例して吸音ボードのセットが増えていくイメージですね。

どうやって設置するか

壁に遮音材を貼り、そこに吸音材を貼るということは分かりました。ではどうやって貼るのか、というところです。

遮音材に吸音材を貼る場合は、厚手の両面テープでOKです。

私が実際にやってみた際も両面テープだけで大丈夫でした。両面テープは下記のようなやつですね。

吸音材を整然と貼りたい場合、下記のジョイナーをガイドとして使うと良いです。(無くても可)

問題は壁と遮音材です。壁に穴が開けられれば特に問題はないですが、賃貸だとそれは厳しい。

持ち家、又は穴あけOKの場合

タッカーという、でかいホチキスみないなものでバチバチと留めていくと良いと思います。

ステープル(ホチキスの芯)も追加で買っておきましょう。

穴あけNGの場合

賃貸だと基本的に壁に穴あけは出来ませんよね。

しかしこの場合でもいくつか方法がありますのでご安心を。

1)壁紙を犠牲にして両面テープor接着剤

大家さんや管理会社と相談して、退去時に壁紙を張り替えることで許可を貰える可能性はあります。とりあえず交渉してみるのも手。

両面テープはやはりコイツが良いです。

ただ、壁紙の材質や表面形状によってはちょっと工夫が必要かもです。

2)つっかえ棒

吸音材に遮音材を貼って、それをつっかえ棒で壁に固定するパターン。

作業自体はちょっと難しそうですが、出来合いのものが売っています。

お値段はそれなりに張りますが、壁紙を犠牲にして退去時の金額マシマシになるよりは良いかも?

3)部屋の中に小部屋(ブース)を設置し、その中を防音

ダンボールや木などでブースを組み立ててその中を防音するパターンです。ザ・防音室。

(賃貸で出来るかは、どうなんでしょう、物件次第かもです)

壁ごと防音するよりは防音資材の量は少なくて済みますね。ブースの資材代はかかりますが…。

ブースの資材はだんぼっちが良さそう

ブースの資材ですが、小部屋を完全に自作するのは結構えげつないと思うので、だんぼっち等を使うと良いと思います。

だんぼっちは「簡易防音室」とのことで、これ単体での防音性能は低いようですが、この中に防音資材を貼ることで強い防音ブースを作ることが出来ます。

だんぼっち自体は10万円くらいで、遮音材、吸音材と合わせて計15万円くらいでガチめな防音ブースが作れると思います。

まとめ

色々と書きましたが、基本的な考え方としては遮音材と吸音材を壁に貼っていけばOKということになります。

理屈は簡単ですね。問題はコストと労力、そしてどこにどのように設置するかという点については環境により解答が変わってくるので悩ましいところかも知れません。

個人的には賃貸でも無難に出来そうなだんぼっち改造計画をいつか実施したいと目論んでいます。

参考書籍

合わせてどうぞ

▶【防音部屋】私が自作した部屋をご紹介。こんな感じでOK!

▶【二重サッシ】窓の防音工事をしました。効果のほどは如何に。