• EN
  • JP
thumbnail

Twitterのトレンドに「家庭・仕事・オタ活の両立」というワードがありました。オタ活の部分は音楽活動に置き換えても一緒(というか実質同じもの?)と思いますので、今回はこのテーマについて考えてみようと思います。

前提として、そもそも自分は何がしたいのか

いきなり本質的な部分から入りますが、まずここを明確にする必要があると思います。

仕事、家庭、音楽(趣味)、etc…

それぞれが相関し合ってライフスタイルが形成されていくと思いますが、その中でも自分はどういう人生を作りたくて、そのために何にコミットして生きていくべきなのか、その辺りは自分の中でしっかり明確にすべきです。

そうすれば、何をすべきか、どうするべきか、迷いにくくなると思います。

逆にここがふわふわしていると、何となく世論に流されたり、何をやっても中途半端になってしまいがちですね。

関わる人や身を置く環境は選ぶ

まわりの理解が大事、というのはよく言われると思いますがこれは本当にその通り。

やりたい事が方向性が明確にあるにもかかわらず理解のない人や環境と深く関わっていると、意見が衝突してやり難かったり、気づかぬうちに違う方向に引っ張られてしまったりなどして、お互いにとってマイナスになってしまいがちです。

共に過ごすパートナーやつるむ仲間、従事する職場やビジネス相手etc…

全てを理想通りの関係性にするのは不可能ですが、関わるウエイトの高いところほど相互理解が可能な関係性であることを重要視していくべきです。

また実際にうまくやっている人、やろうとしている人と関わることで影響を受けることも出来ると思います。

そのような関係性が築ける人や環境と共に、ライフスタイルを作っていくべきでしょう。

メリット、デメリットで人を選ぶのは悪か

このような事を書くと、メリットデメリットで人を選ぶのは悪だ、薄情だという意見があると思います。

ですが価値観の違う相手を尊重するのであれば、寧ろぶつからない距離感を保つことも大事なのではないでしょうか。

当たり前ですが、周りに自分への理解を求めるだけでなく、自分が周りに対しても理解することが大事なわけです。

それこそがリスペクトや感謝です。それができる距離感ってとても大事です。

何にウエイトを置いて、どう調整するか

上項の、「前提として、そもそも自分は何がしたいのか」これが定まっていれば、マインド部分は固まっていると思います。

では実際問題、具体的にどう行動に落とし込んでいくのか、それがこの項目です。

両立をしたくても、時間や金銭面の制限やスケジューリングのバッティングなど、何かしら壁は発生するもの。

その度に調整が必要になってくるわけですね。

マインドを基に、自分の中での行動や選択の基準をあらかじめ定めておくことで迷いや選択ミスを減らすことが出来るのではないでしょうか。

何に投資すべきか、どこに予定を合わせるか、などの選択の基準を自分の中に作りましょう。

時間管理を大切に

やることが増えても時間は限られており、時間が増えることはありません。

なので、タイムマネジメントをしっかり取ることが大切になってきます。

通勤や移動の時間を減らす、無駄な残業をしない、仕事のない日に寝すぎない、音楽活動に充てる時間を日や週単位で決めておく…などなど。

上記は一例ですが、出来る事はいろいろあると思うので、自分のスタンスに合ったタイムマネジメントを習慣化できるよう心がけていくと良いと思います。

言い訳しない・中途半端にしない

両立したいそれぞれのものに対して、言い訳をしないように取り組んでいく事はとても大切です。

というか、言い訳をしていると色々なあなあになって、両立どころではなくなっていきます。

そういうケースって最悪全てを失いかねないので中途半端って結構危険かなと。

例えばこんな事ありませんか?

社会人バンドをやっており休日にライブが決まり翌日に迫ったが、突然会社から招集がかかったので、翌日のライブをキャンセル、みたいな話。緊急事態につきやむを得ない場合も当然ありますがそのような場合を除けば、仕事を言い訳にバンド活動をなあなあにしているケースかなと思います。

正直よくあるケースだと思うというか、私は結構見てきました。

この場合、それでも仕事だから仕方ないと考えるのであれば、両立は難しいし各関係者にも迷惑がかかるのでバンドは辞めた方が良いと思います。

※バンドは一人欠員が出ると高確率で止まりますが会社は基本何とかなります。もしそれで止まる会社だったら少なくとも「雇われる」価値はないでしょう。

両立したいのであれば、例え仕事であっても休むべき時は休むとか、難しいのであれば身を置く環境から見直す必要があるかもしれませんね。

※勿論緊急事態につきやむを得ない場合もあるので、その辺りも周りの理解があるとより良いかなと思います。

逆パターンや他の活動同士がぶつかった時も然り。とにかく言い訳して中途半端にせず、自分がやると決めた各方面に対してキッチリこなすよう尽力する事が大切だと思います。

社畜は悪です

正直言って、いわゆる社畜・ブラック的な働き方は悪です。

雇い主や環境も良くないとは思いますが、その環境に甘んじているあなた自身も悪です。

詳しい話はここでは言及しませんが、時代背景的にも基本的に全くメリットがありません。

もし劣悪な労働環境に身をおいて他の事が不十分になっていると感じている場合は、働き方や環境を変える努力をすべきです。

ポジティブな妥協ができるようにする

何かをやろうとすれば別の何かをやる時間が減るのは前述の通り。

例えば、仕事以外にやることがある為に収入が上げにくくなるかもしれません。

休日全てを家族と過ごすことは難しいかもしれません。

それらに対しても、音楽があるから仕方ないなどと、決してネガティブなニュアンスでなく、他をないがしろにするでもなく、そう言えると良いのかなと思います。

勿論、能力があれば全部最高を目指すのも良いと思います。

しかし、恐らく私含め世の中の多くの人は突出した才能や能力は持ち合わせていないのではないでしょうか。

それでも各々を上手くやっていくためには、良い意味で高望みせずそこそこにやっていけるマインドを持っていると、苦しくないというか、かえって満足感は得やすいのではないかと思います。

大好きな先輩の背中を見ていて最近気づいたことです。

事例

バンド活動を例にします。

私が関わってきた中でも、年齢を重ねてもうまく回っているバンドは以下のようなライフサイクルを回しているメンバーが多いです。

【例】
平日:仕事
平日夜:スタジオ(ノー残業デーやプレミアムフライデー等を活用)
土曜日:ライブ
日曜日:家族サービス等

スタジオやライブは毎週必ずあるわけではないのでその間に曲を作ったり個人練習したり、他の事に時間を当てることもまだできる感じ。とてもいいライフスタイルかなと思います。

まとめ

結構書きましたが、総じて言えることは、マインド面、考え方の部分がとても大切になってくるのかなということです。

色々意識していくことはあるかもしれませんが、身についてしまえばそれほど難しいことではないのかなという気もします。

私自身は今のところ家庭はないので両立も幾分楽ではありますが、仮に家庭を持ったとしても全て両立できるよう、意識的にマインドを磨いていきたいと思います。

マインドを磨くためには本を読むのが手っ取り早いです。

どうでもいいですが3つ以上の事を「両立」と呼ぶのはあまりしっくりこないかもですね。。

合わせてどうぞ

▶【準ミニマリストのすすめ】物を増やさない方が効率よく生きられます

▶普段の生活で疲弊すると、クリエイティブが下がります。それは避けましょう