• EN
  • JP
thumbnail

DTMをやるのには当然パソコンが必要になりますが、パソコンなら何でも良いというわけでもないです。興味のない人には面倒かもしれませんが、ちゃんと選ばないと後で困ることになるでしょう。ではどういうパソコンが必要でどういう基準で選べばよいのか、経験も踏まえてまとめました。

どういうPCが必要か

DTMをやるなら普通のPCでは物足りないと感じる場合があるかも知れません。

ある程度スペックが高く、かつ容量がそれなりに確保できるものが必要になってきます。

どのくらいのスペックが必要か

ある程度とはいったものの、実際にどのくらいのスペックが必要なのでしょうか。

DAWを起動し、その上でソフト音源やエフェクトプラグインを複数動かし、更に録音もすることになりますよね。

スペックが足りないとプチプチノイズが入ったり、DAWが落ちたりして制作に支障が出てしまいます。

そうならないスペックとして、CPUはインテルのCore i5以上、できればCore i7だと良いと思います。メモリは最低でも8GB以上、できれば16GB、余裕があれば32GB欲しいですね。

どれくらいの容量が必要か

ソフト音源のライブラリ、サンプル素材、録音したデータ、完成した作品データやその動画を作ったりなどで容量をかなり使います。

最近はソフト音源1本でライブラリが数十GBあるものもざらですが、そういったものを幾つも購入していくわけじゃないですか。笑

私は、OSが入ったメインドライブとは別に、2TBのHDDと、512GBのSSDをPC内部に取り付けており、概ね丁度良いです。

HDDの方が安価ですが、SSDの方が読み込みが早いのでソフト音源のライブラリはSSDに格納しています。

また、メインドライブに強制的にインストールされてしまうソフトもあるため、メインドライブもOSが入る最低限の容量ではなく余裕を持たせておくことをおすすめします。512BG SSDとかですかね。

デスクトップかノートか

これは用途によります。

自宅外での使用をメインに考えるのであればノート、それ以外ならデスクトップが良いでしょう。

家用は、iMacのような、マシンとディスプレイが一帯になったタイプもありますが、必要に応じて拡張が出来、かつ安価なデスクトップタイプの方が良いでしょう。

MacかWindowsか

どちらでもDTMは可能です。Macでなければ音楽が作れない、などというようなことは特にありません。

概ね、基本的な傾向としては、

Mac:どれを選んでもある程度ハイスペックでデザインも良いが価格が高め
Windows:色々なメーカーから発売されおり品質はピンキリだが、ちゃんと選べばハイスペック且つ低コストなものが狙える(※デスクトップ編でご紹介します)

といった感じです。

詳しくは個別記事に書きますが、個人的なおすすめとしては、ノートはMac、デスクトップはWindowsです。お金があればMac Proで。

対応機材が若干違う

あとは対応するDAWやオーディオインターフェースが違ったりするので、それらの何を使いたいかによっても変わってきます。DAWだと下記のような感じ。

Mac対応DAW
Logic, Digital Performer

Windows対応DAW
FL Studio, Ability, 旧Sonar

両方対応DAW
Cubase, Studio One, Pro Tools, Ableton Live, Bitwig Studio, FL Studio

※FL Studioは20からMac対応してました。

またオーディオインターフェースは、WindowsだとUSB、MacだとThunderboltになります。Thunderboltはタイプ2とタイプ3(=USB-C)で形が違うので、別途アダプタが必要になる場合があります。Macは型によってはUSBが挿せるものもあります。

余談ですが Thunderbolt3 = USB-C ってややこしいですよね。。

まとめ

DTM用パソコン選びの要件としてはこんなところかなと思います。

おさらいすると、

  • CPU:Core i5以上、できればi7
  • メモリ:8GB以上、できれば16GB以上
  • 容量はメインと別に2TBくらいあると良い
  • MacとWindowsで対応機材が若干異なるので選ぶ際は注意

これを踏まえて、ノート、デスクトップそれぞれについて私なりのおすすめをご紹介していきたいと思います。

ラップトップ(ノートPC)編

▶DTM用ノートPC・ラップトップの選び方 – ポイントはこれだ!【Mac or Windows】

デスクトップ編

▶DTM用デスクトップPCの選び方 – 低コスト&高性能のオススメを紹介