thumbnail

音楽活動や、特にバンド活動をしているだけでイコールプロを目指している、と解釈される風潮や価値観を感じることはありませんでしょうか。ここではそれが何故なのか、またその価値観の是非について、私なりの考察と意見、想いをまとめました。

バンドマンに対するステレオタイプ

前置きです。本当になぜなのでしょう。

バンドマン=デビューを目指して夢を追っかけている、というイメージが一般社会において謎に浸透している気がします。

私が以前に働いていた勤め先でも、まわりにバンドをやっている事を話したら自動的にそういう解釈をされました。

しかも何故か違うといっても聞き入れて貰えず…目の前の現実ではなく先入観で話が完結しているような感じでしたね。

音楽活動でも特にバンドに対してはこの類の偏見が非常に強いように感じますね。

まあ確かにそんな活動をしている人もいるにはいますが、本当にごく一部ではないでしょうか。

これはよく言われる例えですが、車が好きな人が皆レーサーを目指しているわけではないのと同じように、音楽好きが皆プロデビューを目指しているわけではない、ということ。

車の趣味なら多くの人が現実的な想像を出来るのに音楽だと発想がぶっ飛んでしまうのは何故なんでしょうね…?

しかも成功していないとバカにされがち

バンドの話になりますが、正直、バンドを結成するより就職する方がよっぽど簡単です。

バンドを結成して多少なりとも動けている時点で、その辺のサラリーマンよりも難しいことを成し遂げています。

なのに、バンド活動をしていたら、売れていないとその辺のサラリーマン共はバカにしてきます。

会社員なんて、レールに乗っていれば誰でも出来る人生における最も無難な最大公約数でしかないと思うんですけどねえ。

理不尽を感じる点ですね。

音楽への理解が浅い

一般人が触れる機会のある音楽や、彼らが知っている音楽とは、一体どんなものでしょうか。

恐らく殆どが、いわゆる音楽業界による大衆向けの商業J-POPではないでしょうか。

別にそれらがアイドルでもバンドでも何でもいいのですが、要は大衆メディアに登場する、「既に商業的に成功している音楽」です。それしか彼らは知らないのです。

なので、音楽=商業音楽という認識で、それ以外は発想すらない、という人が多いのではないでしょうか。

それしか知らないので、音楽をやっていることのゴールが商業音楽だと自動変換されてしまうのではないでしょうか。

音楽趣味=ファン

商業音楽しか知らない一般人でも、ロックフェスという言葉くらいは聞いたことがある人が多いでしょう。

そして、彼らにとってはロックフェスは音楽好きのためのイベントです(まあそれ自体は間違ってないですが)

つまり、音楽趣味に気合いを入れている人=フェスに行く人、という感覚なのではないでしょうか。(別にフェスでなくても特定のミュージシャンのコンサートやバンギャでも然りです)

プレイヤーとしての音楽趣味という発想が、一般社会にはあまり浸透していないように感じます。

カルチャーに疎い

上述のように、サラリーマン様が立派で偉いかのような価値観が強い世の中であると感じます。

毎日スーツを着て会社に出勤し、プライベートでは結婚して子育てをする。それ自体は悪くないですが、それしか考えていない人が多いのでは?(貯金や投資などの話は除く)

日本は、一部界隈ではディープなサブカルチャーが発展している部分もありますが、基本的には上記のような「何も考えていない人たち」(語弊を覚悟で敢えてそういう言い方をします)が圧倒的多数派なのではないかと感じます。

つまり、全体でみると、音楽に限らずですがカルチャー全般に疎いのではないかと。なので理解されにくいのではないかと。

音楽はカルチャーです。逆に言うと、そこが欠落している音楽には魅力がないとも言えます(完全なる主観)

趣味で音楽活動をして何が悪い

音楽は、ある種の芸術や表現活動でもあると思います。

そういったものに対して、売れること=成功のような捉え方は、甚だ軽薄かつ浅はかであるように感じます。

寧ろ、趣味だからこそ活きてくるクリエイティブの可能性が多数眠っている世界のはずです。(それが収益化できれば尚良しですけどね)

よって、音楽活動においてステレオタイプな価値観に流されることは本質を見失うことに等しいと思います。

当たり前だけど、音楽やってるみんながみんな、それで食っていこうと思っているわけないじゃないか。

其々の楽しみ方でいいじゃないか。仕事をしながら、お金にならない音楽を突き詰めたって良いじゃないか、何も問題ないじゃないかと、声を高らかに主張したいものです。

プロになったら、コカインやっただけで大騒ぎになっちまうんだぜ…(?)

正直に自分の想いを吐露すると、一般人は薄っぺらい人が多いと思っています。そして薄っぺらい人ほどわかったような口を叩きがちだと思います。マイノリティでいると多少ハンデキャップも大きくなりますが、それでもそのような浅はかな価値観に流されずに、しっかり自分の意志を貫いて自己実現していきたいなと思う次第です。

幸い、DTMが一般化してきたことによって(あとボカロPなども多分)作曲の趣味というのは、認知されやすくなってきているようには感じますので、徐々に市民権を得ていくといいですね。

問題はバンド活動だな…。

※内容は参考程度に、読み物として楽しんでいただけたら幸いです。

こちらも合わせてどうぞ

▶1人バンドの始め方。まず何からやればいいの?

▶普段の生活で疲弊しないためにできること【クリエイティブな脳でいたい】

▶働きながら好きな事をやりたい社会人は、好きな事で副収入を得られると良いという話

▶家庭・仕事・音楽活動の両立について考える【マインドが大切】