• EN
  • JP
thumbnail

曲作りのアイディアが枯渇してしまって良い案が出てこない…クオリティがイマイチ…DTMerならそんな体験をしたことがあるはずです。ではその際にどうやって挽回するのでしょうか。人それぞれあると思いますが、私のおすすめ方法をご紹介します。

イメージに近い既存曲を探す

この世に、全くのオリジナルという創作物は殆ど無いと思われ、創造は模倣から始まるなどとも言います。

影響を受けたものを自分なりに吐き出すことこそが創造である、とも言えます。

つまり、アイディアが枯渇してきたら影響元のインプットを増やせば良いわけです。

クオリティが足りないと思ったら影響元のディティールを学べば良いわけです。

ネタ切れだな、と思ったら自分がやりたかったことのイメージに近い音楽を徹底的にディグることをおすすめします。

そうするとある時、「あ、これだ!」というものに出会って、そこからサクサクと曲作りが進んだりしますよ。

模倣について

模倣についてですが、著作権を侵害するレベルで丸パクリしない限りは、イメージソースをある程度真似してしまってもOKです。

どの程度が著作権侵害かというと正直難しいところではありますが、はっきりと「この曲のこのフレーズを拝借しました」というのが誰でもわかるレベルであればアウトです。

進行やリズムやメロディの一部や展開が変わっていれば基本は大丈夫かなと思います。

また、リスペクトを感じさせるパクリであれば許される風潮もあるにはありますね。笑

コピー/カバーをする

既存曲のコピーやカバーをすることで、その曲のディティールを具体的に学ぶことが出来ます。

イメージソースに近い曲を聴くことは創造力を掻き立てる抽象的なインプットになりますが、実際に手を動かすことで作業面や引き出しにおける具体的なインプットになります。

この2つは似て非なる質のインプットになると思っています。つまりはどっちもやったほうが良い。

何をコピーやカバーするかについてですが、個人的には以下かなと思います。

  • イメージソースに近い曲をコピー
  • 違うジャンルの曲をイメージソースに寄せたアレンジでカバー

これをやっていくと自分の作風と、その作曲力がゴリゴリ身についていきます。

例えば私が過去にやったものだと、ポケモンのシオンタウンのテーマを自分節(笑)にアレンジしたりしました。

DTM初期の作品につきクオリティはまだまだですが、この辺を通ったからこそ今がある感じはありますね。

クリエイター系の広く浅く色々やっていきたい人は、色んな曲を色んなアプローチでやってみると良いと思います。

普段やらないことをする

普段全く使わない進行やスケールなどを試したり、普段使わない機材を試したりですね。

これをやることで得られる結果としては、詰まってしまったアイディアの血管が、再び流れ出すか、余計に詰まってしまうかの2択です。笑

良いひらめきに出会えて再び流れ出せれば最高ですが、もしそうでなかったとしても、新しいことを試すことで引き出しは広がっていきます。

行き詰まったときこそ、新たな試みを試すチャンスです。つまりそれは、自身の作曲力拡張のチャンスです。

サンプルパックに頼るのもあり

普段は使わないよ、という人もサンプルパックを使用してみるというのも1つの手ですね。

多くのものがフレーズとして完成しているのでそのまま拝借も出来ますし、弄って崩して使うことも出来ますね。

地味に自分では絶対思いつかないアイディアの宝庫だったりするので、足りなさを感じているときにこそ頼りになる存在とも言えます。

サンプルパックといえばの Loopmasters と Sonicwire を貼っておきますね。

▶Loopmasters

▶Sonicwire

機材を買うのもあり

アイディアが浮かばなくて新しい機材を買う、というのは、何となくDTMerの闇感はありますが、有効ではあると思います。

上記と同じ理由は然りですし、更に、「機材を買った!やったぜぇ!」という興奮自体がクリエイティブを掻き立てる可能性ありです。笑

冗談ではなくて、少なくとも私は割とそんな感じです。

ということで、 Omnisphere でも買おうかしら…。

思い切って捨てる

途中で行き詰まった曲は思い切って捨てるという考え方。

これはこれで結構大事だと思っています。

というのも実際問題、一度行き詰まった曲って、何をどうあがいてもしっくりこないことが結構多いんですよ。少なくとも私の場合は。

もうそういう場合はいっその事、諦めて新しい曲に取り掛かったほうが有意義である、という場合も多いのではないかと思います。

捨てた曲はそのままおじゃんになってしまうこともありますが、しばらく時を経て復活することもあり得ます。

実際に私がリリースした下記の曲は、行き詰まって未発表だった原曲をおよそ3年越しにアレンジしたものだったりします。

こちらの曲は作り溜めておいたアイディアが複数くっついた感じでは当初の原曲とは全く違うものになったのですが、このようにアイディアを作り溜めておくことも未来へ向けた立派な積み上げになるのかなと思います。

まとめ

私はこんな感じですが、皆さんは行き詰まった時にどうしていますでしょうか。

自分なりにこれだ、というのを見つけられると良いのではないかと思います。

私自身も今後もやっていく中で色々経験していくと思うので、こういう記事は随時書いていこうと思います。その際はまたお付き合いいただけると幸いです。

合わせてどうぞ

▶曲制作のアイディアが浮かばない時にやるべきこと6選

▶作曲のインスピレーションが欲しい時にプレイするゲーム5選