• EN
  • JP
thumbnail

Wavesのプラグインバンドルはミキシング用プラグインエフェクトのド定番です。DTMerならみんな買っておくべきレベルですが、数多くあるバンドルの中からどれを選べばよいのでしょうか。

どんなバンドルがあるか

Waves のバンドルシリーズは大きく分けると、

  • 基本となるシリーズ(Gold, Diamond 等)
  • 特定の用途やテーマやモデルに特化したもの(OneKnob Series, SSL 4000 Collection 等)
  • 有名エンジニアのコラボモデル(Chris Lord-Alge Signature Series 等)

があります。

この中で基本となるシリーズは、プラグインエフェクトの王様たる Waves のミキシングプラグイン達が網羅される形で収録されており、価格によって収録量が異なります。

Waves が Wavesたらしめる有名プラグインが多くバンドルされているシリーズになりますので、まずはここから攻めるのが良いでしょう。

基本シリーズを攻めよう

上記の通り、基本となるバンドルシリーズから検討していくのが定石かと思います。

その上で後から必要になったものを足していく感じが良いでしょう。プラグインバラ買いも可能ですからね。

ということで、Waves の基本となるバンドルシリーズについておすすめを解説していきます。

種類と選択肢

Silver, Gold, Platinum, Diamond, Horizon, Mercury

左から右に行くに連れてプラグインの収録量が増えて高額になっていきます。

この中で、最高峰の Mercury はほぼ全部入りで定価100万円近くするのでちょっと置いておいて、他の5つから検討する感じになると思います。

個人的におすすめは Gold, Platinum, Diamond の3択ですが、5つについて以下解説していきます。

Silver

Wavesの基本シリーズで最もシンプル、簡素なバンドルが Silver です。

最低限ミキシングに必要なプラグインが揃っているという感じで、これだけでも簡単なミキシングを行うことは十分可能です。

が、やっているともっと欲しくなってくるのが目に見えているレベルなので、安価ではありますがどうせ買うなら Gold 以降のほうが良いかなとは感じます。

Gold

おそらく一番人気なのがこの Gold です。

C4 や V Series 等、これぞ Waves というプラグインがゴリゴリ入ってきます。

これを持っていれば Waves というメーカーやプラグインが理解できるのではないかという印象です。

ただし、マキシマイザーが L1 のみなのが辛いところです。L1 は L1 で面白い機材で私もよく使いますが、L2, L3 が入っていないのが寂しいですね。ちなみに L1 だけだとマスタリング用途は厳しいです。

Silver 同様、こだわっていくと物足りなくなっていく感は多少ありますが、初心者はまずここから買うと非常にバランスが良いように思います。

Platinum

Gold が人気なため多少中途半端な印象を受けなくもないですが、私が Waves 初購入者に最もおすすめするのはこの Platinum です。

なぜかというと、 Gold には収録されていない L2, L3, L3-LL というマキシマイザー/リミッターが入っているからです。

L シリーズはそれぞれ音に特徴があり、意外と色んな用途に使えて面白いのですが、この L シリーズの音の違いが分かってくるあたりからミキシングが面白くなってきますので、ぜひ所持してほしいやつです。

Renaissance シリーズがここでコンプリートするのも注目ポイント。

Diamond

一昔前まではここからちょっと手が出しにくい価格帯になってきて、ホームユースは Platinum までかなという印象がありました。

しかし最近は価格崩壊が進んで手を出しやすくなりましたので、いきなり Diamond を買ってしまうというのも全然ありだと思います。

大きなポイントとしては、Z-Noize 等ノイズ処理系のプラグインがここから入ってきます。

あとは Center ですね。これは M/S の音量バランスを自然に調整できる、個人的に超重要プラグインです。(Diamond買う前に個別で買ってしまっていたけど…)

Horizon

Horizon(地平線)。

ここから貴金属の名前ではなくなっている事からもわかるように、基本シリーズの中でもやや毛色が異なるバンドルです。

Diamond に含まれているノイズ処理系のプラグインが外されていますが、その代わりの注目ポイントとしては Vocal Rider, Bass Rider のライダー系(オートメーションツール)ですかね。

その他もちょっと変化球な感じです。バンドルで欲しいのはノイズ系かなという気もして、正直少し選択肢として選びにくい感じが否めないですね。

その他シリーズのおすすめ

SSL 4000 Collection

多くの音楽作品に使われている超有名なミキシングコンソール、SSL 4000 シリーズのモデリングです。

卓を切り出したチャンネルストリップ2種類と、EQ、バスコンプ1種類から成り、どんな素材にも合って質感を底上げしてくれる名作です。

Waves 最高傑作との声もある名作です。

Chris Lord-Alge Signature Series

Green Day、Foo Fighters、Nickelback、NIN など、洋楽ロックのビッグヒットを多く手がけているエンジニア Chris Lord-Alge 氏のコラボモデル。

ギター、ベース、ボーカル、ドラムなど用途別のプラグインで構成され、それぞれ簡単操作でいい感じになる系です。

ユーザー側は簡単操作ですが、処理の中身は世界のスーパーエンジニアのノウハウが詰まっているので「魔法のプラグイン」と呼ばれるほどいい感じになります。

セールで安くなっている事が多めなのも良し。

CLA Classic Compressors

CLA というのは、Chris Lord-Alge のことです。

またお前かという感じですが、もはや神ですからね。

こちらのシリーズは、CLA 氏所有のビンテージコンプレッサー(実物)をモデリングしたシリーズになります。

その中身は、LA-2A, LA-3A, 1176 です。ずばり最強のラインナップですね。

※Horizonに含まれています。

まとめ

いかがでしょうか。

割と主観ではありますが、執筆にあたって改めて調査した印象としても概ね同じようなことを書いている方が多いように思いました。

それから、基本バンドルは Gold → Platinum など割引価格でアップグレードできるので、最初は試しに安いバンドルから買ってみるというのも良いと思います。

参考になれば幸いです。

合わせてどうぞ

▶Wavesのプラグインが今もおすすめできる5つの理由

▶Waves Renaissance Maxx は、作曲趣味者に今もおすすめ【レビュー】