• EN
  • JP
thumbnail

DTMでの作曲作業中に、DAWが突然フリーズしたり強制終了したりして、これまでの作業が台無しに…。そんな経験をしたことはないでしょうか。今回はそれらの現象が発生する原因と対策方法についてまとめました。

落ちる原因はCPUパワー不足

DAWがフリーズや強制終了する場合、故障等でない限り基本的にはCPUパワー不足が原因です。

CPUパワーを不足させないためには、Core i7 搭載などのハイスペックなPCが必要ですが、使い方次第ではハイスペックPCでも落ちます。

基本的には必要な投資として、DAWを動かすPCのスペックは高いものを購入するか、もしくはハイパワーなCPUに交換すべきではあります。

そこをケチると作業効率が非常に悪くなり、作曲以前のところで躓いてしまいますからね。

しかし、使い方次第ではハイスペックPCでも落ちるときは落ちるんです。

ここでは、PCやDAWの扱い方に気を使って、少しでもDAWのフリーズや強制終了を減らすための対策をご紹介します。

PCの掃除・最適化をする

PCの中のデータも、掃除をしないと散らかっていきます。

散らかってくると、パフォーマンスが下がってきます。

ですので、定期的にPCのメンテナンス、内部のデータのお掃除や最適化をしてあげた方が良いです。

具体的には、溜まってくる不要なシステムデータやキャッシュのクリア、レジストリクリーン、デフラグ、不要なバックエンドプロセス・スタートアッププロセスの停止などですね。

「何言ってんの?」と思った方もいるかも知れませんが、詳しい知識がなくてもクリーナー・チューンアップ系のソフトで簡単に処理できます。

レジストリクリーンなどは賛否あるみたいですが、最近はPCもソフトもクオリティが上がってきていますし、事故が起きたような話は聞いたことがないですね。

その辺りが気になるなら、無料よりも有料のソフトを使ったほうが信頼性は高いと思います。下記のアバストはセキュリティソフトとしても実績があるのでおすすめです。

▶PCのパフォーマンスが大きく改善【アバスト クリーンアップ プレミアム】

Macだとこちらですね。

▶CleanMyMac X | Macを新品同様にクリーンアップ

作業中はDAW以外のソフトを立ち上げない

CPUの処理を全てDAWに集中させるため、作業中はDAW以外のソフトは全て落としたほうが良いです。

特に動画や音声が再生出来る環境が一緒に立ち上がっているとバグりやすくなる気がします。(体感ですが)

DAWと同時にPhotoshopなどの重いソフトを立ち上げていたら、スペランカー並みに死にやすくなります。

DAWの最適化

PCを最適化したら、DAWも最適化しましょう。

具体的には、読み込む必要のないオーディオデータなどを読み込んでしまっているものをクリーンしましょう。

一度貼り付けたけどいらなかったサンプル素材や、録音時のボツデータなどがトラックに表示されていなくても読み込まれていたりします。

※多分DAWによりますが、私が使用している Studio One は意図的に消さないと履歴分が全部読まれてしまいます。

例:Studio One の場合はこんな感じ

画面右のブラウザから「プール」を選択すると読み込まれているデータが一覧されます。

プール内を右クリックすると、画面のような項目が出てきますので、「使用されていないファイルを削除」してしまいましょう。

これで結構、場合によっては劇的に軽くなります。

プラグインの同時立ち上げ数を減らす

ソフト音源にしろエフェクトプラグインにしろ、プラグインの動作は多かれ少なかれ CPU パワーを消費します。

沢山立ち上げていればいるだけ CPU 負荷も大きくなっていきます。

なので極力プロジェクト内の同時立ち上げ数を減らすことで、 CPU パワーを節約することが出来ます。

確定したトラックはオーディオに書き出してしまうなどして、工夫していきましょう。

ちなみに Waves のプラグインなどは非常に軽量なものが多く、あまり気にせずに使っていけますが、新しいプラグインほど高性能になったぶん CPU 消費量も多くなっているものが多いです。

あとはアンプシミュレーターはどこの製品もかなり重量級ですね。音が決まったら書き出すべし。

レイテンシーを大きくする

オーディオデバイスのレイテンシー設定を大きくしてくと、CPUパワーをかなり節約することが出来ます。

レイテンシーを短くすることに結構なCPUパワーを使うんですよね。

スペックの微妙なPCだと、そもそもレイテンシーを詰められなかったりもして。

レイテンシーを大きくすると音が時間差で聞こえてくる感じになって気持ち悪いですが、録音をする時以外は、慣れてしまえばそこまで問題ないはずです。

またCPUパワー消費の割にレイテンシーを詰めやすいオーディオインターフェースもあるので、そういうものを取り入れてみても良いかもです。

下記の Zoom UAC-2 などですね。

レビューも書いています。

▶︎ZOOM UAC-2 レビュー【USB 3.0 のコンパクトオーディオインターフェース】

録音の際はどうすれば?

録音時はさすがにレイテンシーを詰めないと厳しいですよね。

なので基本はこれまでに書いたレイテンシー以外の方法を全部試して頑張っていただき、それでも厳しい場合は録音専用のプロジェクトファイルを作ってしまうのも手ですね。

まとめ

DAWが落ちて作業が消えたり止まったりしてモチベーションが下がるのって、どう考えてもマイナスでしか無いです。

しかし、スペックの高いPCはお値段も高く、なかなか手を出すのが難しいのも現実です。

ですので、まずは手持ちのPCで、性能をフルに発揮できるように工夫してやっていくべきかなと思います。

参考になれば幸いです。

合わせてどうぞ

▶DTM用PCの買い方・選び方 – 押さえておきたい基礎知識について

▶PCからブーンという異音がする時の対処方法【DTMer予備知識】