• EN
  • JP
thumbnail

フリー音源、フリープラグイン、フリーVST…DTMerを惹き付ける魔法の言葉ですよね。しかし探すと色々出てくるため、実際のところ何を選べば良いか迷います。ということで今回は私が実際に使用していてガチで使えると思っているフリープラグインを厳選して紹介します。

フリープラグインの魅力

フリープラグインの魅力といえば、もちろん無料で使えること。

しかし、いくら無料であってもクオリティが低くて使えなければ無意味ですよね。

まあ実際微妙なものも結構あるように思いますが…魅力ある「使える」フリープラグインの傾向としては、大まかに以下の2系統だと思います。

  1. 1. デベロッパーのデモ版や簡易的な機能のもの
  2. 2. 強い個性や独特の味わいが魅力で「これじゃなきゃだめ」というもの

一昔前までは2番が多かった気がしますが、64bit 環境が当たり前になり高品位なプラグインも増えてきた昨今は1番が多くなってきたように感じます。

どちらにしても、良くも悪くも出来ることが限られている場合が多いので、目的に到達するのがシンプルだったり、音作りに迷いにくかったりというメリットもあります。

まあ、どう感じるかは人それぞれなので細かい定義付けはしませんが、以下に紹介するプラグインはどれもそのような感じです。

VHL-3C

Black Rooster Audio から、フリーのフィルタープラグインです。

めちゃくちゃ音楽的でおいしい感じにパイパス / ローパスフィルターが掛けられるので無料なのが申し訳ないくらいです。

このプラグインについては下記の記事で詳しく書いています。

Cypress TT-15

同じく Black Rooster Audio から、アンプシミュレーターです。

Orange の Tiny Terror をモデリングしたと思われるアンプシミュレーターが無料で使えるってヤバくないですか?

無料ですがそこは BRA の比較的新しいプラグインだけあって、某 Orange 公式のアンプシミュレーターよりもこちらの方が個人的には良い音に感じます。

生々しい感じがとても素敵です。

一応キャビネットシミュレーターも付いてはいますがそちらは流石にチープなので、別途 IR を使用することをオススメします。

▶Cypress TT-15 – free guitar amp head – Black Rooster Audio

Emissary

Ignite Amps / STL Tones によるギター用アンプシミュレーターです。

モダンハイゲイン系のサウンドで、イカツい歪みとクリスタルクリーンの2チャンネルが使用できます。

これ本当に無料で良いのかってレベルで音は良いです。音の良さだけなら BIAS AMP に匹敵するレベル。

ただしアンプ部分のみでキャビネットシミュレーターは付いていないので、同社の NadIR 等を使って IR を読ませる必要ありです。

下記の記事で詳しく書いています。

DeePanpot

DOTEC-AUDIO がフリーで出している DeePanpot は、DAW 標準のパン機能とは全く違ったアルゴリズムでパンニングが出来るプラグインです。

通常のパンは単純に左右の音量バランスを変化させるものですが、これは「ハース効果」というものを使ってより現実的なパンを再現しますとのこと。

とにかく、DAW 標準のパンとは全く違った、非常に音楽的で自然なパンニングが出来るので、パンを振る時は常にこれを愛用しています。

ギターを左右に振る際とかマジで良いですよ。

▶DOTEC-AUDIO(ドーテック・オーディオ) – DeePanpot

TDR Kotelnikov

Tokyo Dawn Labs から、モダンで高品質なコンプレッサー、TDR Kotelnikov です。

有料版もありますが無料版でも十分なほどに優秀です。

用途としてはバスコンプ向けです。SSL のモデリングなどとは違って、モダンでクリアな方向で非常に綺麗な音。

ハイパスサイドチェインやステレオ感の調整が可能、コンプ自体もピーク用とRMS用のハイブリッドという多機能仕様ですが、優秀なプリセットが入っているので初心者でも安心です。

私はバンドのオケはこれでまとめています。

Tokyo Dawn Labs は他にも優秀なプラグインを複数リリースしているのでオススメのデベロッパーです。Tokyo といっていますが日本のメーカーではありません。

▶TDR Kotelnikov | Tokyo Dawn Records

TDR Nova

Tokyo Dawn Labs からもう1点、ダイナミック EQ の TDR Nova を挙げさせていただきます。

こちらは有料版の方が分かりやすく高機能な感じではあるのですが、それでもフリーで使えるダイナミック EQ プラグインというだけで貴重です。

機能は絞られているものの、ちょっとした用途には十分かなという所で、品質はさすがに Tokyo Dawn labs なのでクリア系の良い音してます。

▶TDR Nova | Tokyo Dawn Records

有料版はこちらからどうぞ。

LABS

Spitfire Audio という、ガチめのオーケストラ音源などを出しているデベロッパーのフリー音源集です。

LABS 自体はガワで、中に配布されている各種音源をインストールして使います。

ガチ系デベロッパーのものだけあって流石に高品位。パッド系が充実していたり、オシャレな感じの音が多めです。

個別記事を書きました。

Shino Drums

当サイトで紹介記事がよく読まれていることでおなじみ?のフリードラム音源、Shino Drums です。

何が良いかは上記の紹介記事を読んで頂くとして、個人的に超お気に入りの音源です。

お気に入りすぎて、執筆時点では Lostmortal の楽曲は全て Shino Drums を使用しています。有料のドラム音源も持っていますがそれらを差し置いて…。

▶Shino Drums | Free Drums Sample Library

ファミシンセⅡ

昔からある有名なチップチューン系フリー音源です。

しばらく更新されていないと思っていたら、いつの間にか ver3.0 になって、64bit 対応になっていました。

ということで再び愛用機に。。

ファミコン風の GUI がソソりますが、ファミコンをエミュレートしているわけではなく、あくまで「それっぽい感じ」のシンセ音源です。

個人的な印象としてはファミコンよりはスーファミ音源に近いような、少し柔らかい感じの質感が気に入っています。

シンセなのである程度パラメータが弄れますが、モノフォニックモードにしてウネウネさせるのが好きで結構色んな曲に使っていたりします。

▶mu-station

DSK Music 各種音源

もう更新されていないようですが、ピアノやドラムマシン、シンセサイザーなどの様々なフリー音源をリリースしている DSK Music というサイトがあります。

各音源とも用途に特化していることや、音楽的でありながらチープな音質がオケに馴染みやすい点が個人的に非常に使いやすく重宝していました。

DSK ChoirZ なんかは滅茶苦茶好きでしたねー。

過去形なのは、古いため殆どの音源が 32bit で、メイン DAW を Studio One(64bit)に移行してからは使えなくなってしまいました。

(FL Studioは、64bit でも 32bit の音源が使えるのでここは強みでしたね)

JBridgeなどのソフトを使用してでもまた使っても良いかなと思う次第。

まとめ

いかがでしょうか。

今回は実際に私が愛用しているものを中心に厳選して紹介しましたが、音源・エフェクト問わず、良質なフリープラグインって実は結構存在しています。

実際、それを使ったら良いか非常に迷いますよね。

私なりの選び方ですが、良いものが沢山あるとはいえ一部を除いては、単純なクオリティでは有料音源には敵いませんので、「これでなければいけない」という色を持っているプラグインを中心に漁っていくと良いと思っています。

今回紹介したものもそういう感じのものが多いです。

その中で、自分の用途にしっくり来るものを厳選していくと、お気に入りフリープラグインが生まれてきます。

そして、その情報をぜひ共有し合いたい(笑)

という感じで、私のお気に入りフリープラグインは以上な感じですが、参考になれば幸いです。

合わせてどうぞ

▶Waves SSL 4000 Collection レビュー【Waves最高傑作説】

▶ミキシングは初心者がこだわりすぎても無駄だと思う話

▶Loopcloudが神なので使い方を紹介します【レビュー】