• EN
  • JP
thumbnail

長らく愛用していたAKG K240 Studio モニターヘッドホンをレビューします。実売1万円以下で買えるモニターヘッドホンとしてはかなりホットな選択肢だと思いますので、以下にその理由を紹介していきます。

AKG K240 Studio とは

DTMer なら名前は聞いたことがあると思いますが、AKG はオーストリアの音響メーカーで、ヘッドホンやマイクなどで有名ですね。

読みは向こうの発音で「アーカーゲー」です。

そんな AKG の定番モニターヘッドホンが K240 シリーズです。

シリーズなのでいくつか兄弟製品があるんですが、今回は K240 Studio という商品です。

兄弟製品の中でも、最も定番かつ安価なモデルと思われます。

サウンドハウスで年々値下げされており、執筆時点ではまさかの5000円台。数年前に私が買った時は8000円くらいでした。

写真の通り、金色のパーツが特徴的ですね。あとセミオープン型です。

柔らかく豊かな音

密閉型のモニターヘッドホンのカチッとした感じに比べると、空気感や柔らかみのある音です。

少し低域がふくよかな感じですが、高域はスッと綺麗に抜け、中域も変な味付けはなく基本的にはフラットでオールマイティな特性です。

モニター用だからそりゃフラット方向ではあるんですけど、低域が少し豊かな分、聴いていて気持ちの良い音です。リスニング用でも全然OKな感じです。

そんな低域は、豊かではあるものの少しモワっとしている感じもあるので、量感は良く感じ取ることが出来るものの、詳細なモニタリングは少し難しい印象です。

まあこの価格帯に何処まで求めるかということを考えれば全然許容範囲でしょう。というか価格を考慮するとかなり高音質だと思います。

価格帯の割に安っぽさはまったくなく、情報量はしっかりしていますね。

というか楽天を見れば分かりますが元は1万円超えですからね^^;

聴いていて気持ちが良い

前述の通りの豊かな低域と、セミオープンによる開放感と奥行き感のある質感、そして全体的に柔らかくもしっかりと芯のある音でイカツイ音楽もカッコよく聴ける。

そんな特徴から、とても聴いていて気持ちの良い音です。

現在はもっと高価なヘッドホンをメインで使っていますが、これはこれで時々使いたくなるんですよね。やはり気持ち良いので。

執筆時点では実家に置いてきてしまっていて写真すら撮れていませんが、ちょっと恋しくなってきています(笑)

装着性がかなり楽

筐体は軽く、ヘッドバンドとイヤーパッドは大きめです。

これによって圧迫感が全くなくて、装着性がかなり楽なんですよね。

ずっと付けていても全然疲れないし、セミオープンなことも関係しているのか、ずっと聴いていても疲れないです。

長時間引きこもって作業なり試聴なりしたい人(主に自分)にとっては最高ですね。

まとめ

気持ちよく、カッコよく聴こえる音、そして楽な装着性。

モニターヘッドホンと謳ってはいますが、個人的にはリスニング用に推したいですね。

家でリラックスしつつもヘッドホンを使いたいときとかにピッタリかなと思います。

価格帯もカジュアルですしね。

逆に、詳細にモニタリングしたい場合となると、出来ればもう少し高価なヘッドホンを買った方がベターかなとは思います。

K240 Studio でもモニタリングが出来ないわけではないですが、細かいところまでガチガチに詰めたいときにはもう1歩欲しいかなという印象は正直あります。

ですが価格帯を考慮すれば十二分、いや十五分なクオリティですけどね。

総合的には、この品質がこの価格で買えるのは奇跡的と言っても過言ではないのかなと思っています。

サウンドハウスだけ安すぎるんですけどね…^^;

商品リンク

合わせてどうぞ

▶YAMAHA HPH-MT8 レビュー【モニターヘッドホン】

▶Shure SE215 レビュー。音楽好きなら所持しておきたいイヤホン

▶ADAM A3X レビュー【小型モニタースピーカー最高峰】