• EN
  • JP
thumbnail

Black Rooster Audio のテープシミュレータープラグイン、Magnetite を愛用しています。音が良くなる系のプラグインとして素晴らしいのでレビューさせていただきます。

Magnetite(マグネタイト)とは

Black Rooster Audio からリリースされているテープシミュレータープラグインです。

テープシミュレータープラグインとは、アナログテープを通した時の質感をエミュレートして付与することが出来るプラグインで、まあ一言で言うと、通すと音が良くなるプラグインです。

メーカーとしても音が良いと評判の Black Rooster Audio による、音が良くなるプラグインということで期待が高まるやつです。

機能・使い方

パラメーターはテープの種類とその挙動、In / Out の突っ込み具合を調整することが出来ます。ざっと見ていきましょう。

パネル左にあるテープの種類は、青・黒・赤(BLK, BLU, RED)の3種類から選べます。

赤テープが一番分かりやすく倍音が増えて音が前に出てきます。多くの人がメインで使うのは赤になりそうな感じ。

しかし面白いのが黒テープで、かなりアナログ色強めで、ピークがローミッド寄りになってハイ落ちした感じ、柔らかく太い音になります。

青はその中間という感じですが、個人的にはあまり掴みどころがない感じがして少し使いにくいですね。

パネル右に行くと、「BIAS」「TAPE SPEED」というパラメータがありますね。

BIASですが、数字を大きくすると、掛かりというか質感付加が強くなるイメージです。倍音付加、ハイ落ち、ローミッドが豊かに。

TAPE SPEED も同じく、質感の付加感が変わる感じ。7.5の方が強めです。

なので、黒テープ& BIAS:+5dB & TAPE SPEED:7.5 とかにすると結構ゴリゴリに「そういう音」になります。

なので、サムネの通り、赤テープ& BIAS:NRM & TAPE SPEED:15 とすると、一番サッパリ目の音になります。原音の雰囲気を変えずに豊かな感じにするにはこれがベストですね。

メーター左右についているツマミはインプット/アウトプットです。右端の「WOW FLUTTER」は、テープがよじれた挙動?を再現するパラメータで、モジュレーション系のエフェクトを楽しめます。

正直詳しいことはよく分かっていませんが、使ってみ感じだとこのような感じでした。

音は、凄く良い

音を良くするプラグインなので音が良くならなきゃ困るわけですが、そこは Black Rooster Audio といった感じで、さすがに良い感じです。

音質変化の方向ですが、テープシミュ全般に言えることではありますが、倍音が適度に付加されて、音が豊かになり、重心が下がります。

某有名メーカーのテープシミュと比べてもやはりこちらが勝っていると思います。

アナログ系だけどクリアでハイファイでもあり変なデジタル臭さもなく、味付けで例えるとあちらは化学調味料だけどこちらは高級な天然由来素材、みたいな。

まあとにかくテープシミュの中でもかなり優秀なプラグインだと思います。

使いどころ

その特性上、使おうと思えば全トラックに使っていくことが出来ますが、CPU負荷はやや高めなのでミックス時に全トラックに挿すというのはあまり現実的ではないですね。

それに全部に挿すと結構暑苦しくなってしまうと思います。

個人的には、ラウド系バンドモノのリフギターなど、ここぞというトラックに使うと良いかなと思っています。

あとはバウンスする時に掛けて書き出すとかも良いと思います。

勿論バストラックやマスター段に挿してもOKで、やはり何にしても、自分がここぞと思うところに挿すのがベストだと思います。

因みに私の使い方ですが、上記の通りギターと、あとマスターの初段に挿してますね。

マスター段階のテープシミュだと、Ozone 同梱の Vintage Tape という選択肢もあってそちらも良い感じなんですが、私は Magnetite の方が好みです。

まとめ

ということでこちらの Magnetite、テープシミュレータープラグインの中でもかなり優秀な製品なのではないかと思っています。

Slate の VTM とかも前から気になっていたのですが、Magnetite が出てからはあまり話題にならなくなったように思います。

そして意外とお値段も安くて、$89 です。(為替相場にもよりますが)1万円しないくらいで買えてしまうんですね。

テープシミュレーター系を購入検討しているなら Magnetite は筆頭候補だと思います。

商品情報

合わせてどうぞ

▶【フリーVST】Black Rooster Audio VHL-3C が超使える

▶Kush Audio Omega 458a レビュー【存在感マシマシ】