• EN
  • JP
thumbnail

フリーのギターアンプシミュレーター、Ignite Amps Emissary が凄く良いです。アンプシミュレーターの無料VSTプラグインでここまで良い物があるのかと正直驚いたので、セットで使う同社の NadIR と合わせて紹介させていただきます。

Emissary とは

Ingnite Amps というデベロッパーが公開している無料のギターアンプシミュレータープラグインです。

いつの間にか STL Tones というデベロッパーとのダブルネームになった模様。

どうやら実機も存在しているみたいですね。

公式サイトから「0円で購入する」形でダウンロードが出来ます。キャビネットシミュレーターはありませんが、下術する NadIR がセットでついてきます。

Emissary の特徴

商品の概要を紹介したところで、続いて Emissary とはどんなアンプなのかを紹介していきます。

6本の真空管が輝き、前面が赤く光る感じのイカツめのデザインからも想像がつく通り、モダンハイゲイン系のアンプです。

メタルやハードコアにバッチリのハイゲインチャンネルと、クリアなクリーンチャンネルの2チャンネル仕様で、それぞれ独立してセッティングが可能です。

なんと裏面もあり、パワーアンプ部分の真空管を選ぶことが出来ます。

EL34 / 6L6GC / KT88 / OFF から選べ、OFF 以外は BIAS 値の調整も可能となっています。

両面とも実機の UI を模しているためか、GUI 上存在しているけど使えないパラメータもあります。(SEND / RETURN 等)

VSTプラグイン的な特徴としては、プリセット機能とオーバーサンプリング機能がありますね。アウトプットはステレオ / モノラルが選択可能です。

かなりクオリティが高い

音のクオリティですが、かなり良い感じです。

本当に無料で良いんですかね?

音の方向性は典型的なモダンハイゲイン系ですね。

リードチャンネルは、骨太かつしっかり抜けて芯のある感じの、モダンメタルやハードコアに良くマッチする気持ち良いハイゲインサウンドです。

クリーンチャンネルは、こちらもモダンハイゲイン系アンプのクリーンチャンネルにありがちな、所謂「クリスタルクリーン」といわれるようなパキッとした透明感のあるクリーンサウンドです。

オバサン機能もありますが、フリー故に質感がもう一歩…という事も無くて解像度感はしっかりしており雰囲気のある音を鳴らせますね。

私が BIAS AMP で Rockerverb を意識してガチで作ったアンプモデルとほぼ同等レベルの音を出してきます。。悔しいけど凄いです。。

ただし CPU 負荷は結構デカいです。BIAS AMP や Amplitube よりも重いです。

キャビネットシミュレーターは別途用意が必要

上述の通り素晴らしい音をしている Emissary ですが、プラグインはアンプヘッド部分のみとなります。

つまりキャビネットシミュレーターは付いていないので、別途 IR を読ませて使う必要があります。

そこで、ダウンロードするとセットで付いてくるようになった NadIR が活躍します。

NadIRとは

IR データを読み込んで使うキャビネットシミュレーター(IR-Loader)プラグインです。

単体では動作せず、IR データを用意する必要がありますが、プリセットとして恐らく Randall RC412-V30 と思われる IR が付属してきます。

(前世代から愛用していますが、バージョンアップして随分と太っ腹になったもんだ…)

IR を最大2個ロード可能で、それらを混ぜて使うことが出来ます。混ぜ方は結構柔軟に設定できる感じですね。

非常に負荷が軽いのも美点で、IRローダーとして各アンプシミュレーターのキャビ部分をバイパスしてこちらを使うなど色々と使い勝手が良いです。

ちなみに古い GUI の方がキャビ感があって好きでした↓ 新しい方は格段に使いやすくなっていますが…。

上述の通り Emissary にはキャビネット部分がないので、この NadIR と組み合わせて使えということですね。

まとめ

ということで、非常にクオリティの高いアンプシミュレーター、Emissary を紹介させていただきました。

もちろん BIAS AMP 等の有料の製品のようにパッケージとして完結しているわけでも、機能が色々あるわけでもありませんが、Emissary + NadIR(+付属IR)だけで、お金をかけずに結構なものが作れそうですね。

試奏動画もいくつか見つけることが出来ましたので、1つ紹介しておきます。結構良い音してますでしょう?

メタル系 DTMer 必見のアンプシミュレーターと言えそうです。

商品情報

Ignite Amps の公式サイトからダウンロード(0円購入)出来ます。

合わせてどうぞ

▶BIAS AMP 2 を購入したのでレビュー【プラグイン最高峰】

▶BIAS AMP と Amplitube の比較をしたので、所感を書きます。

▶ガチで使えるフリープラグインまとめ【VST】