• EN
  • JP
thumbnail

これまで使っていたものが壊れたため、PLAYTECH(プレイテック)のベースケース / ギグバッグ「EB-Bag」を購入しました。価格の安さが魅力的な本製品ですが果たして実用性はどんなもんでしょうか。

PLAYTECH(プレイテック)のギグバッグ、EB-Bag Black とは

サウンドハウスのオリジナルブランド、PLAYTECH から発売されているベース用ギグバッグです。

ギグバッグとは、リュックのように背負えるタイプで、かつ所謂ソフトケースよりは多少クッション性や保護力があるタイプのベースケースです。

5万円から10万円くらいのベースを買うと標準ケースとして付いてくるイメージです。

私が以前に使っていたものも定価7万円くらいのベースに標準でついてきたギグバッグでした。

ギグバッグを個別で買おうとすると、大体1万円弱~2万円くらいするんですけれども、圧倒的低価格がウリの PLAYTECH 製となるとなんと3000円です。

相場の半額以下。素晴らしいですね。

「お金がない時に限って使っていたものが壊れるんだよー;;」というのもあったのですが、商品写真を見た感じポケットがが沢山あって、簡素なセットならギグバッグだけで全て収納できそうだと思ったのが購入の決め手となりました。

余談ですがサウンドハウスオリジナルといえば、楽器系が PLAYTECH 、音響機材系が CLASSIC PRO ですね。

シンプル、だけど収納は沢山

届いた状態は以下のような感じでした。これがポンと箱に入っていただけです。

精密機械ではないからか極限までシンプルな包装でコストダウンの努力を感じます。

開けて中を開いてみました。

ネックホルダーはありませんが、上下(前後?)には、チープではあるもののそこそこ厚みのあるクッションが入っており、電車移動時などの不安はひとまずなさそうです。

あとボディの部分はプレシジョンベースで結構パツパツだったので、変形などのボディの大きなベースは入らないと思います。

逆に縦方向には余裕があり、スーパーロングスケールなどでも問題なく入りそうでした。

裏側はこんな感じです。

背負う部分のストラップにもチープではありますがクッションが入っており、背負っていて変に疲れることはないですね。

ストラップの長さは限界まで伸ばしてもあまり長く出来なかったので、背の高い人は天井に注意です。

あとストラップの上部にさり気なくカード入れがありますがこれの使い道は・・・?

メインの収納部分です。

シールドとコンパクトエフェクター2、3個は入ります。このサイズ感は助かりますねー。

ちなみにこのエリアで収納ポケットが5つあります。さすがにそんなにいるか?という気もしなくもない。笑

ネックの上の方にもポケットがあります。

以前使っていたギグバッグにもこのポケットがあって、何に使うの?と昔から思っていたのですが、折り畳み傘を入れたら丁度良かったです。笑

必要にして十分

収納がやたら多いことを除けば、全体的にはギグバッグとして必要な性能を最低限の仕様でまとめ上げた感じの、必要にして十分なスペックの製品だと思いました。

ディティールなどの質感はチープではあるものの、肝心なところのクッション性や耐久性はちゃんと考慮しているような印象を受けます。

まあ耐久性に関してはまだ買ったばかりなので今のところ未知数ですが、前のギグバッグが1年位で壊れたので、こちらも1年位もってくれると最高ですね。

値段が値段なので半年くらい使えれば十分かなとは思っていますが。

まとめ

正直、サウンドハウスオリジナルブランドの製品って、安かろう悪かろうのイメージが強いのかなと思います。

(実際に価格なりのアレな製品もありますが)

しかし今回買ったベースバッグは品質面は全然問題なさそうです。

今まで使っていたものが、7万円くらいのベースに付いてきた標準のギグバッグだったのですが、それとほぼ同等の品質かなと思います。

ギグバッグ単体の相場の半額以下ということもあり、コストパフォーマンスを考慮すると素晴らしいですね。

収納が多いのも非常に便利です。簡素なセットのときには荷物もシンプルにいきたいですからね。

デザインに関してはまあ正直微妙ですが、死ぬほどダサいわけでもなければ、ギグバッグに関しては移動用だし利便性重視でも良いのかなと思います。

正直間に合わせで買った感じではあったのですが、意外と悪くないですね。

思っていたより良い買い物が出来ました。しばらく使ってみたいと思います。

商品情報

ギター用はこちら。サイズが違うだけで規格は同じっぽいので、こちらも当レビューを参考にして頂いて大丈夫かと思います。

合わせてどうぞ

▶サウンドハウスがいつの間にかPayPalに対応していてありがたい

▶ベースのナット交換を自分でやってみた

▶【ストラップピン】木材のネジ穴側の修復方法【ギター・ベース】