thumbnail

ギターやベースをアンプシミュレーターでよりリアルに鳴らす方法として、キャビネットIRを利用するという手があります。

キャビネットIRとは

手はじめに、キャビネット IR とは一体何でしょうか。

まず IR という言葉ですが、ここでは Impluse Response(インパルス・レスポンス)の略になります。

世の中には、例えばインベスター・リレーションズなど「IR違い」的なものがいくつかありますが、音楽では Impluse Response(インパルス・レスポンス)のことを指します。

で、このインパルス・レスポンスとは何かというと、空間の音響特性をキャプチャしたデータです。IR リバーブなんていうものもありますよね。

したがってキャビネット IR というものはキャビネットの IR なわけですが、つまるところ、キャビネットから鳴らしてマイクで拾った際の音響特性をキャプチャしたもので、もっとザックリまとめるとキャビネットをデジタルデータ化したものです。

※正確には、マイクを始め、ケーブルやその他の周辺機材・環境による影響も全てキャプチャされています。

IRでリアルなギターサウンドが得られる

アンプシミュレーターソフトについてくるキャビネットシミュレーターはあくまでシミュレーターですが、上記の通り、IR は実機のデータです。

例えば、マーシャルのキャビから SM57 で集音した IR データを使うことで、マーシャルのキャビから SM57 で録音した音がPC上で出せるわけです。

キャビって、エレキギター/ベースの音作りや質感においてメチャクチャ重要で、恐らくアンプ部分よりも重要と言ってしまって過言ではないと思います。

特に、スピーカーの箱鳴りや、一度空気に放たれてからマイクで集音される事による空気感といったものは、シミュレーターなどのデジタル技術では再現が難しい部分です。

この部分に、本物のデータを持ち込めるというのは、なかなか効果絶大です。

実際お高いアンプシミュレーターソフトであっても、キャビ部分を IR に変えるだけで音がグンとリアルになったりするんです。

個人的な所感だと IR にタメ張れるキャビネットシミュレーターとしては、BIAS AMP ELITE(スピーカーメーカーの Celestion が公式で開発しているもの)くらいかなと思っています。

キャビネットIRの使い方

そんなキャビネット IR はどうやって使うのかというと、 IR Loader(IRローダー)というものを使って読み込みます。

IR Loader に IR データを読み込んで、それをキャビネットシミュレーターとして使う感じですね。

アンプシミュレーターに IR Loader が備わっているものもありますが、単体の VST プラグインが存在しているので、柔軟に使えます。

フリーの IR Loader「NadIR」

単体の VST プラグインとしては、フリーで入手できる Ignite Amps の NadIR などのソフトがあります。

こちらの NadIR では、画像のような UI ですが IR を2つ読み込んで混ぜることが出来(もちろん1つでもOK)、例えば同じキャビで違うマイクで録音したものを混ぜてマイキングのミックスをすることが出来たりします。

NadIR について詳しくは、同じく Ignite Amps のフリーアンプシミュレーター、Emissary と一緒に下記記事で詳しく紹介しています。

VST の IR Loader は他にもいくつかありますが、比較するまでもなくどれか1つを使用すれば十分だと思います。IR Loader はあくまでガワで、音は読み込む IR データに依存しますからね。

アンプシミュレーターに付属している場合も

下記は BIAS AMP ですが、このようにアンプシミュレーター内に IR Loader が備わっており、そこから IR データを読み込めばOKな場合もあります。

ハードですが Axe FX とか Kemper には備わっているみたいですね。

ない場合はキャビシミュをBypassする

Amplitube などの IR Loader が備わっていないアンプシミュレーターは、キャビネットシミュレーターを Bypass してしまいましょう。

そして、DAW の エフェクトスロットの後段に NadIR などの IR Loader を挿して使えばOKです。

イメージは Amplitube 3 のもので古いですが参考までに。

ストンプでもIRが使えます

なんと、足元用のエフェクターにもキャビネットシミュレーターが存在しています。実機アンプをライン録音する時に活躍するやつ。

で、良い物だと IR Loader 機能がついていて、USB等から PC 上の IR データを取り込むことが出来ます。

エフェクター界隈はピンキリなので買うならちゃんとしたものを買っておきたいですが、Two Notes が有名ですね。1つ持っておきたい…笑

キャビネットIRの入手方法

キャビネット IR とは何なのかとその使い方が分かった所で、ではどうやって IR データを手に入れるのでしょうか。

その答えは、海外の販売ショップや、個人で制作している気合の入った方等からデータを購入する事です。

ちょっと敷居が高いように思えるかも知れませんが、大丈夫です。PluginBoutique 等で通販するのと同じようにオンラインでサクッと購入できます。

個人から購入する際も、多くの場合何かしらの販売プラットフォームを利用していらっしゃるのでそこからポチればOKです。

コスト感は意外にもリーズナブルで、ショップにもよりますが単品購入で概ね1000円前後であることが多いですね。

オススメの販売元

ではオススメの販売元をいくつか紹介していきたいと思います。

Joey Sturgis Tones (JST)

まずはプラグイン屋さんで売っている敷居の低いものから。

メタルコア系で有名なプロデューサー Joey Sturgis 氏のプラグインデベロッパー JST の IR は、PluginBoutique や PluginFox で購入可能です。

JST はアンプシミュレーターの Toneforge シリーズもイカしてますね。バキバキのモダンメタル系にオススメです。

Celestion Impulse Response

老舗スピーカーメーカーの Celestion が自社製品の IR データを販売しています。しかも専用サイトを設ける気合の入れっぷり。

Celestion のスピーカーは Vintage 30 など多くのギターキャビで使用されている名機ばかり。そして BIAS AMP Elite でも実証されたクオリティの高さ。

個別記事書いてますのでこちらも参考にしてください。

Redwirez

(多分)IR 販売の老舗ショップ。IR といったらまず Redwirez かなという個人的なイメージがあります。

主要なモデルは大体網羅しているのではないかと思います。長らくサイトデザインが古かったですが最近やっとリニューアルされました。

OwnHammer

(多分)IR 販売の老舗ショップその2。こちらも種類がかなり豊富です。Ampeg の2発4発が珍しいですね。

無料のものも若干あります。

Dr. Bonkers Soundlab

他にあまりないちょっと変わったセレクトが魅力です。質も高めだと思う。

個人的には Orange のベースキャビが欲しくてここに行き着きました。買ったやつかなり気に入っています。

F884 Sound Lab

国内の IR 販売ショップです。

説明ページを見ても分かる通りかなり専門的に拘られており、マジで良い評判しか聞いたことがないショップさんです。

CROW’SCLAW

個人で販売されている方ですね。デモ曲を聴く限りムチャクチャ綺麗な仕上がりです。

ミキシング tips なども販売されており(愛読させて頂いております)、メタル系 DTMer ならお世話になる可能性が高いと思います。

Seacow Cabs

個人サイト様と思われますが、HESUDiezelDarkglass といった他であまり見かけないモダンなキャビを扱っています。

業者のものに比べるとやや解像度感が低い感じもしますが、定番っぽいものも含めて扱っているラインナップが豊富ですし、しかも殆ど無料。神か。

投げ銭できるので気に入ったら是非サポートしましょう。

まとめ

キャビネット IR を取り入れることで、ギター・ベースのサウンドを DAW 上でよりリアルに鳴らすことが出来るようになります。

持っているアンプシミュレーターの音作りを拡張できるという意味でも○。

また、ソフト備え付けのシミュレーターでなく、実際に欲しい・使いたいキャビのデータを入手することが出来る点は機材好きにとってちょっと嬉しいポイントですね。

意外とリーズナブルなのもありがたいポイントです。

是非、IR を導入してサウンドクオリティを上げていきましょう!

合わせてどうぞ