• EN
  • JP
thumbnail

Spitfire Audio が提供するフリー音源、LABS が面白いです。クオリティ高く個性的な音源が揃っており、なんだかずっと遊べてしまいます。ということで紹介します。

LABS とは

Spitfire Audio という気合の入ったオーケストラや劇伴系の音源を出しているガチめなデベロッパーのフリー音源集です。

ここの音源は結構高価で内容的にもプロ向けという印象が強いのですが、気軽に扱えるフリー音源を出してくれるのはありがたい限り。

LABS 自体はサンプラーみたいなもので、公開されている LABS 用音源のうち好きなものをインストールして使う形になっています。

ガチ系デベロッパーのものだけあってフリー音源でも流石に高品位。

現代的で柔らかくも透明感がありハイファイなパッドやアンビエンス系音源が充実していてかなり自分好みなのですが、他にもダルシマーなどの珍しい楽器のサンプル音源や飛び道具系など個性的な音源も多いです。

LABS の使い方

最初のインストールから使用するまでが若干分かりにくいのが玉に瑕かなと思うので、使い方を紹介します。

インストール方法

まず、LABS のページにアクセスします。アカウントは作っておいてください。

▶LABS – Free Virtual Instruments

ページを見ていって欲しい音源を見つけたら、「GET」をクリック。

すると下記ような画面がポップアップで出てきます。「Spitfire Audio App」が必要とのことですが、初回は持っていないはずなので「NO」を選択します。

案内に従って App をダウンロードしインストールしたら、今度は「YES」をクリックします。そうするとダウンロードボタンが出現するのでクリック。

ここから先はインストールした「Spitfire Audio App」に移行します。マシンによってはダウンロードボタンを押すと自動で立ち上がるかも知れません。

App が立ち上がると、下記のようにダウンロードボタンを押した音源が一覧されていますので「INSTALL」ボタンをクリック(済のものはボタンが出ません)。あとは待っていればインストールされます。

音源の使い方

音源の使い方はいたってシンプルです。

イントールが無事完了していると、DAW の VST 音源欄に「LABS」が追加されているはずですので読み込みます。

立ち上がるとこのような画面が出てきます。これが LABS の GUI ですね。

画面上部の青いセレクトボックスからインストールした音源とプリセットを選択して読み込みます。

パラメーターは左から、「ボリューム」「ダイナミクス(ブライトネス)」「エフェクト」です。エフェクトは真ん中をクリックすると詳細が出てきます。

あとは MIDI キーボードやピアノロールで好きに鳴らせばOKです。

プリセットベースで簡単な調整が出来るだけなので、誰でも簡単に扱えますね。

LABS の音源レビュー

いくつか気になった音源をピックアップして紹介したいと思います。

Moon Guitar

Moon Guitar というと国産ハイエンドギターのことかと思ったのですが、どうやら違うようで、中国の古楽器(?)のようです。

それが言いたかっただけなんですが…、音としてはオリエンタルな雰囲気にハープっぽい美麗さも持ち合わせている感じで面白みがあると思います。

London Atmos

名前が最高。Atmos Tokyo みたい。(違います)

アンビエンス系音源です。以外にも綺麗なサウンドスケープ系のパッドと雑踏のサンプリング。曲の雰囲気に味付けしたい時に使えそうです。

Soft Piano

その名の通り柔らかい音色のピアノ音源です。ピアノの弦とハンマーの間に薄いフェルトを挟んでこの音を実現したとのこと。

これめっちゃ好みです。ちょっとぼやっとした感じがアンビエントっぽいアレンジに凄く馴染む感じで、これが一番のお気に入りです。

Scary Strings / Frozen Strings

2つまとめてですが、変化球系のストリングスです。

前者は暗い雰囲気、後者は擦ったような感じが強調されたその名の通り冷たい雰囲気のもの。劇伴用だと思いますが、ダークアンビエント系に使えそうな音です。

Modular Pianos

モジュラーシンセで作ったピアノ系の音色集。

変化球系&アンビエント系&ピアノ系のシンセという感じなのですが、個人的好みドンピシャな感じ。シンセならではのエフェクトが混じった音とか凄く好きです。。

Choir

何の変哲もないクワイア音源ですが、何だかんだ結局こういうのが一番使えるんですよ、という。

さすがに Spitfire Audio だけあって他のフリー音源とは比べ物にならない音質で提供してくれています。

まとめ

LABS 紹介sてみましたがいかがでしょう。私自身も最近知ったのですが、無料でこんな音源があったんですね。

個人的には、特に全体的にアンビエンス感が好みな感じということもあり、とても良いものを見つけた感に満たされています(笑)

音源は時々新しいものが追加されているようなので、また気になるものがあったら随時加筆修正していきたいと思います。

という感じで、最後まで読んでいただきありがとうございました。LABS を気になった方は是非ダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

▶LABS – Free Virtual Instruments

合わせてどうぞ

▶ガチで使えるフリープラグインまとめ【VST】

▶ドラム音源は、フリーのShino Drumsが最高な件