• EN
  • JP
thumbnail

Positive Grid が誇る最強アンプシミュレーターパッケージソフト、BIAS FX をレビューします。BIAS AMP と合わせて DTM ギタリスト/ベーシストなら持っておくべきソフトだと思いました。

初代の頃から愛用していましたが、半額セールを狙ってようやっと BIAS FX 2 にアップデートしました。

BIAS FX とは

BIAS AMP とペダル/ラックエフェクト群が一体になったアンプシミュレーターのパッケージソフトウェアです。

BIAS AMP はアンプの中身から自作できるという他の追随を許さない強みがありますが、あくまでアンプ部分のみの製品であってエフェクト類はありません。

BIAS FX を買うことで始めて Amplitube のような、エフェクトまで含んだオールインワン型のギター/ベース用デジタルソリューションとなります。

BIAS FX 内に BIAS AMP のプリセットを取り込んでエフェクトと組み合わせて使いますが、BIAS FX 側にもプリセットが入っているので単体で持っていても大丈夫です。

音がとにかく良い

DTM ギタリスト/ベーシストにとってアンプシミュレーターを選ぶ1番の基準って、やっぱり音じゃないですかね。

BIAS シリーズはいろいろと機能があったりするのも面白いのですが、競合と比べても最も音がリアルでいい感じなのが、何だかんだいっても最大のポイントかと思います。

DAW 上で最も立体感のある生々しいギターサウンドを奏でることが出来るのが BIAS AMP だとすれば、エフェクト込みでそれが実現できるのが BIAS FX。

エフェクトのクオリティも結構抜きん出て高いように思います。

例えば私がよく使う TS 系のオーバードライブペダルなんかはプラグインでも色々な所から出ているのですが、満足いくクオリティなのは BIAS FX だけです。

リバーブやディレイ等も従来のアンプシミュレーターではあまり満足が行かずに、結局後段に Waves のプラグインなんかを挿して対応したりしていましたが、BIAS FX であればクオリティも含めてちゃんとソフト内でギターサウンドが完結できますね。

もうこれだけで買う理由としては十分かなという気はしますけれども…笑。

セッティングの自由度が高い

セッティングはかなり好きなように組むことが出来ます。

ストンプとラックが入り混じっているようなあり得ないセッティングも出来たりとか、デュアル出しでギター1本のソースで左右に出せるのも良いですね。

それから BIAS FX 2 になってからはアンプヘッドとキャビネットの間にエフェクトを挿すことが出来るようになりました。

これはセンドリターン的な使い方を想定しているんだと思いますが、今までこういう事が出来るソフトって無かったと思うので地味に助かります。

魅惑の Guitar Match

BIAS FX 2 になって追加された機能に Guitar Match というものがあります。

これは、自分のギターの音を特定のモデルの音に似せてくれるという機能です。グレードの高い製品(Standard < Pro < Elite)ほど使える物が増えていく仕様。

一般ピープルは持っていないであろうヴィンテージギターが多く収録されていて旨みを発揮させやすくしている?模様。

かくいう私もヴィンテージギターは持っていないのでどれくらい似ているかは不明ですが、まあ確かに音は変わりますね。

ただ個人的には、そこに関しては自分の持っているハードウェアで頑張りたいというか…結局元音が一番大事だという考えのもとに一応安物なりに必要な音を求めて拘ってはいるので、特にこの機能を使おうとは思わなかったりします。

どうしようもない安ギターしか持っていないとかなら使う価値はアリだと思います。

予算があれば高いグレードを買ったほうが良い

BIAS FX には BIAS AMP と同様に製品のグレードが存在します。

Standard、Pro、Elite の3段階ですね。右にいくほど高グレードになっていきます。

この中で Standard は実質お試し版というかライトユーザー向けなので拘りたいギタリストの方は選択肢から外して良いと思います。

で、Pro か Elite かですが、BIAS AMP に関しては正直 Pro を買っておけば十分な感じでしたが、予算が許すなら Elite を買っておいたほうが良いかもです。

というのも、使えるエフェクトに差がつけられているので、折角買ったのに使いたいエフェクトが使えない、となるとあまり買った意味自体がなくなってしまいますからね。エフェクト使わないなら BIAS AMP で OK なわけで。

お馴染みのプリセットが共有できる Tone Cloud にも Elite 仕様のプリセットが結構上がっているので、フル活用したいならやはり Elite かなと。

私は今の所 Pro で何とかなっていますが、エフェクトをバリバリに色々使う人は Elite を検討すべきかも。

まとめ

ということで BIAS FX ですが、エフェクトを包括したアンプシミュレーターのパッケージソフトが必要なら買うべき製品です。

その特性上、BIAS MINI などのハードウェアとの連携は出来ませんが、ソフトウェアで完結させる場合のクオリティ担保において間違いなく活躍してくれるでしょう。

商品情報

合わせてどうぞ

▶BIAS AMP 2 を購入したのでレビュー【プラグイン最高峰】

▶BIAS AMP の使い方、カスタマイズ方法を徹底解説します!

▶BIAS MINI Bass を遂に購入したのでレビュー【軽い・安い・GuitarもOK】