thumbnail

一昔前と比べると高品質なアンプシミュレーターソフトの選択肢が増えてきて、ギタリスト・ベーシストにとっても DTM が面白くなってきているのではないでしょうか。ということで、最新のオススメアンプシミュレーターを紹介したいと思います。

アンプシミュレーターとは

アンプシミュレーターとはその名の通り、ギターアンプやベースアンプの音をシミュレート・再現して鳴らすための機材です。

アンプシミュレーターにはソフトウェアとハードウェアの製品があります。

ソフトウェアのアンプシミュレーターは DAW 上でプラグインとして動作し、宅録 DTMer でも手軽にリアルなエレキギターやエレキベースの音を楽しめます。打ち込み音源にも使えますね。

ハードウェアだとバンドマンなら KemperAxe-FX といった名前を聞いたことがあるかも知れません。お金のあるギタリストがライブやレコーディングに使用していたりしますね。これらは1台でいくつものアンプの音が出せ(再現出来)て、生音でもラインでも使えるのが強みです。

この記事では DTM 用途により最適なソフトウェアアンプシミュレーター(プラグイン)についておすすめを紹介していきます。

結構網羅していると思うので、長いですが宜しくお願いします。

Positive Grid – BIAS AMP / BIAS FX

総合的に見ると現時点で最強かな、と思えるのが Positive Grid の BIAS AMP 及び BIAS FX です。

非常に音が良く、機能が豊富かつ全ジャンル対応、そしてお値段も安めです。

BIAS AMP / FX の違いですが、BIAS AMP はアンプ単体にフューチャーした製品でアンプのモデリングから自作することが出来るため、マニアにも楽しめる製品です。

一方 BIAS FX は、BIAS AMP のプリセットと各種エフェクターのシミュレーターを組み合わせたフルパッケージ製品です。

どちらを先に買うべきかというと、初心者のうちであればエフェクトも含めたプリセットが使えるフルパッケージの BIAS FX が良いかなと思います。

BIAS AMP は自由度が高すぎて慣れないと音が作れない、慣れても沼にハマるというのが唯一のデメリットですね。ただプリセットが充実しており、Tonecloud というユーザー同士でプリセットを共有できる機能もあるので一応カバーは出来ていると思います。

AMP / FX ともグレードが3つありますがオススメは Professional 版です。

個別レビューはこちら。

ちなみにソフトと連携できるハードウェアも存在しています。私は BIAS Mini Bass というベース向けのミニアンプを所持しています。

IK Multimedia – Amplitube

BIAS シリーズの登場によって唯一無二の存在感ではなくなったものの、長いことソフトアンプシミュレーター界をリードしてきたのが IK Multimedia の Amplitube です。

Amplitube は、アンプ・キャビネット・エフェクターが1つになったフルパッケージの製品です。Custom Shop という機能を使って各モデルを単体で購入することも出来ます。

Amplitube のメリットはフルパッケージであることに加えて、Orange や Mesa-Boogie などアンプメーカー公式のモデリングを多数扱っている部分にあると思います。

BIAS AMP の「アンプをイチから設計できるけど沼にハマる問題」が起きにくいんですよね。また好きなアンプメーカーの好きなモデルを使える事自体も機材好きにとってはテンションが上がります。

音質は全体的にさっぱりしている方向で、オケに馴染ませやすい感じです。

IK Multimedia Amplitube 4
created by Rinker

Amplitube Orange の個別レビューはこちら。

Amplitube Mesa/Boogie の個別レビューはこちら。

Overloud – TH-U

近年高品質な Gem(プラグイン)で話題になることが増えてきた印象の Overloud 社が手掛けるアンプシミュレーターが TH シリーズです。

TH3 からしばらく更新されていませんでしたが、2019年に「TH-U」となってリニューアルしていました。

Amplitube や BIAS FX と同様に多数のアンプモデルやエフェクト類がオールインワンになったフルパッケージ製品ですが、TH-U はその収録数がとにかく多いのが特徴。Randall など一部公式のモデルも収録されています。

また、実際に実機を鳴らした音をキャプチャしたプロファイリングデータが別途配布されており、それを使えば限りなく実機に近いサウンドを鳴らすことが出来るのも強みです。

収録モデルを絞って価格を下げた「Rock」「Metal」「Funk and R&B」バーションもあります。

JST – Toneforge

Joey Sturgis Tones (JST) から出ている新進気鋭のアンプシミュレーターが Toneforge シリーズです(ベースは Bassforge)

デベロッパー代表の Joey Sturgis 氏はヘヴィメタル・メタルコア界隈の有名プロデューサーで、Toneforge シリーズでもハイゲイン系の強力なアンプシミュレーターをラインナップしています。

著名なギタリストとのコラボモデルが多くありますが、中でも特に目を引くのが、Djent のパイオニア Periphery の Misha Mansoor とコラボしたその名も「Toneforge™️ Misha Mansoor」です。Djent というかモダンメタルを通り超えた超モダンなバッキバキのハイゲインサウンドがとにかく凄いの一言です。(語彙力が…)

こちらはメタルコアバンド Asking Alexandria の Ben Bruce モデル。

こちらは Chelsea Grin や Born Of Osiris などのデスコアバンドを渡り歩いた Jason Richardson モデルです。

オリジナルモデルの Guilty Pleasure は刺々しいメタル系です。

Menace は Djent 系ですが Misha Mansoor とはかなり質感が異なります。

JST では他にも高品質なキャビネット IR やプラグインエフェクトも販売しており、バンド系 DTMer は特に要チェックなデベロッパーです。

Plugin Alliance 製品各種

ミキシングやマスタリングのプラグインにこだわりたい人が行き着くであろう Plugin Alliance にて、アンプシミュレーターの販売も行っています。

ENGL、Diezel、Mesa-boogie(のインスパイア)など、ハイゲイン系を中心に強力なアンプモデルを単体販売しています。ベースだと Ampeg もあり、良いラインナップ。

開発・モデリングは brainworx という品質に定評のあるデベロッパーが担当しており、画像の Diezel VH4 モデルは私も愛用していますが納得の高品質です。立体感や迫力が凄い。

Plugin Alliance Diezel VH4 については個別に紹介記事を書いています。

Plugin Alliance 製品は公式サイトでのみ購入が可能です。

Softube – Marshall Kerry King Signature / Plexi Super Lead 1959

2020年、Softube から強力な Marshall のアンプシミュレーターが2製品出ました。

1つめが、スラッシュメタルのレジェンドオブレジェンド、Slayer の Kerry King のシグネチャーモデル。ハイゲイン系のアンプシミュレーターは Djent 系などモダンなものが多くなってきている中で、オールドスクールなエクストリームメタルの最高峰と言えそうなものが出てきました。

2つめが、伝説のヴィンテージマーシャル、Plexi Super Lead 1959、通称「プレキシ」です。ロックやハードロックの歴史はこれで作られてきたといっても過言ではないレジェンドアンプですね。非ハイゲイン系の高品質プラグインという意味でも貴重です。

2つとも品質はさすが Softube といった感じで、ちょっとデモを聴いただけでもマジかよって思うくらいリアルで良い音をしています。

マーシャルらしい高域のジャキジャキ感とか凄く再現されているし、かなり立体感があり生々しい音です。スタジオに置いてあるくたびれたマーシャルではない高音がギラッとした本物っぽいマーシャルの音がします…!

Neural DSP 製品各種

Neural DSP という最先端系のモダンハイゲインなプラグインを中心に販売している尖ったデベロッパーがいます。

Omega Ampworks や FORTIN など、あまり聞き慣れない新鋭のモダンハイゲインアンプをプラグイン化して扱っています。ある程度有名なところだと、Darkglass のペダルプラグインがありますね。

Tosin Abasi (Animals As Leaders) や Plini のコラボモデルがあったり、各デモを見る感じでも全体的に最先端のモダン / Djent 系といった感じです。

かなり尖っていますがクオリティ高いしこれから来そうなデベロッパーです。

STL Tones – Tonality

STL Tones という Kemper や Axe-FX のパッチを販売していたデベロッパーが2018年末頃に満を持してオリジナルソフト「Tonality」を出してきました。

Andy James や Will Putney といったモダンメタル界で実績のある著名人のシグネチャーといった形の強力なパッケージ製品を販売しています。

その他メタル界の著名人と多数関わっているデベロッパーだけあってハイゲイン系の品質は折り紙付きです。密度と安定感のあるサウンドが印象的です。

今のところ取り扱いは公式サイトのみと思われます。

Ignite Amps – Emissary

無料枠です。

上記の STL Tones にいつの間にか製品が取り込まれていますが(買収されたのでしょうかね?)Ignite Amps というデベロッパーがおりまして、そこから出ている Emissary というアンプシミュレーターが無料ですがかなり健闘しています。

強そうな見た目の通り、ENGL などに通づる感がある密度の濃いガッツリとしたハイゲイン・メタル系のアンプですが、用途が合えばこれで十分じゃない?と思えるくらい良い音しています。

Emissary は個別に紹介記事を書いています。

Waves – GTR3

おまけ枠その①。

ミキシングプラグインで有名な Waves 製のアンプシミュレーターです。

もう古いソフトなため品質面で上述したソフト達には敵いませんが、GTR3 の魅力は「Waves のプラグインバンドル(Gold 以上)を買うと付いてくる」という点です。

Waves のプラグインバンドルは DTMer ならミキシング用途でまず間違いなく購入する事になると思いますので、それに付いてくるという事は実質無料と言えます…笑

Waves 特有の「オケに馴染ませると意外といい感じ」という特徴を継承しているので最悪アンプシミュレーターを買わなくても頑張ればこいつで何とかなります。

下記記事で詳しく紹介しています。

Native Instruments – Guitar Rig 5

おまけ枠その②。

Native Instruments 製のアンプシミュレーターです。

もう古いソフトなため品質面で上述したソフト達には敵いませんが、Guitar Rig 5 の魅力は「Komplete を買うと付いてくる」という点です。

Kontakt や Massive など DTM の超定番製品が沢山詰まっている Komplete を購入する DTMer は多いでしょうから、それに付いてくるという事は実質無料と言えます…笑

(GTR3とほぼ同じ文言でスミマセン)

NI 特有のモダンだけどちょっとデジタル臭い感じですが、まあ許容範囲かなというレベル。ハイゲイン系はまあまあ使えます。あとノイズゲートが優秀です。

AMR – Revalver

一応紹介枠。

6505や旧5150でお馴染みのアンプメーカー、Peavey が販売していたアンプシミュレーターが Revalver です。

しばらく更新されていないと思っていたら、AMR というデベロッパーに引き継がれて現在新バージョンを開発している模様です。

今後に期待したいですね。

まとめ

いかがでしょうか。

ソフトアンプシミュレーターの傾向として昔からハイゲイン系が強いのですが、最近さらに強くなっていますね…笑

メタル好きの方だと選択肢が幅広いですよね。しかしそれに限らずとも「使える」選択肢が時代と共に増えてきていると思います。音が良くなるって素晴らしい。

気になったものがあれば是非デモるなり買うなりして使ってみてください。個人的にももっと掘り下げてソフトアンプシミュレーターマニアを目指したいと思います。笑

合わせてどうぞ