thumbnail

Pulsar Audio から 1176 の全部押し(ブリティッシュモード)に特化したコンプレッサー、Smasher が出ました。早速使ってみたので感想を書きます。

Pulsar Smasher とは

新進気鋭のデベロッパー、Pulsar Audio が出してきた「1176のレシオ全部押しモード」をモデリングしたコンプレッサープラグインです。

1176 というのは大昔から使われているミキシングコンプ界の帝王みたいな機材で、Waves をはじめ様々なデベロッパーからエミュレートプラグインがリリースされていますよね。

が、ブリティッシュモード限定というのは色んな意味でかなりパンチの効いたプラグインではないでしょうか。ようやるな…笑

ブリティッシュモードとは

画像は Black Rooster Audio の VLA-FET という 1176 モデリングのプラグインですが、中央ちょい左あたりのボタンが縦4つ全て押されているかと思います。

画像が小さく見難くてすみませんが、これは 1176 の特徴でレシオの設定をボタンで切り替える作りになっています。1/4, 1/8, 1/12, 1/20 から選んで使うのですが、実機の仕様で全部同時に押せてしまうそうなんです。

この全部押した状態の音が特徴的で色々な作品に使われているということで、ブリティッシュモードやオールボタンモードと名付けられ、今では各種プラグインにも実装されているというわけです。

半ば裏技・バグ技的なものだったようですが使える音だったので定番の使い方になってしまったわけですね。

どんな音かと言うと、ハードにかかって圧縮歪みが強く出る感じで「汚し」にピッタリな感じ、ジリジリっと前に出てくるサチュレーションが得られます。ドラムのオーバーヘッドやボーカル、ベースなどに使われることが多く、この「汚し」によって気持ちの良い色付けをすることが出来たりします。

なんとなく二郎の全マシみたいで最高ですね。

Smasher の特徴

さてこちらが Pulsar Smasher の GUI になります。

ブリティッシュモード限定のプラグインなので、レシオ設定ボタンが省略されています。ついでにアタックとリリースのツマミも無くなっており、こちらも値が固定の模様。

その代わりに Dry/Wet を調整できる MIX ツマミが追加されており、手軽にパラレルコンプが出来るようになっています。

パンチがありつつも上品な音

さすがに 1176 ブリティッシュモードをエミュレートしているだけあって強力な圧縮によるギュッと詰まったパンチのある音になります。

これによって音が気持ちよくグッと前に出てくる感じがありますが、「汚し」に関しては控えめです。

1176 系を強くかけると出てくるジリジリとした歪みも控えめでノイズっぽくなることもなく、ゴリゴリに汚れる感じはせずに使いやすく上品にまとまっているように感じました。

もちろんスネアにガッツリ適用すればパコーンとした音も作れるし、ボーカルに使えば椎名林檎っぽい処理に出来るしロックなベースが更にロックになる、ブリティッシュモードの旨みはバッチリ出ています。

そして新しいプラグインだけあって全体的に高品位でハイファイですね。質感は官能的とさえ思えます。

アタックは遅めかも

Smasher という名前からも察しがつきますが、かなりパンチィなエフェクト挙動を想定したプラグインなのだろうと思います。

そのせいか固定で弄れないアタックは少し遅めに設定されているようです。

ブリティッシュモードによる強烈な圧縮+遅めのアタックということで、強めにかけると頭がかなり飛び出ます(笑)

リリースは速めのようなのでスネアやドラムものはこれ単体でガッツリ掛けても良い感じですが、ボーカルやベースなど持続性の高いソースはパラレルコンプをうまく駆使するなどして、変なダイナミクスにならないように調整しつつ色付けをしていく感じが良さそうです。そのための MIX ボタンなのかもです。

CPU 負荷が軽い

最新のプラグインとは思えないほど CPU 負荷が小さくて驚きました。Waves の古いプラグイン並みかと思います。

1176 系って色んなソースにガンガン挿していきたいコンプなのでこれは地味に助かるポイントですね。

オーバーサンプリングモードもありますが2倍くらいならまだ全然余裕な感じです。8倍にするとさすがに重くなりますが、それでも2~3トラックくらいならいけるかも?

ただ、オーバーサンプリングを使わなくても十分に音が良いので、オバサン無しで各トラックにガンガン挿していきたいかなと感じます。

まとめ

1176 のブリティッシュモード限定という極端なプラグインですが、ブリティッシュモードをよく使う個人的にはとても気に入りました。

同じ 1176 系で愛用している VLA-FET とは性格が結構違うので良い感じに使い分けられそうな点も個人的に良かったポイントです。

アタックリリースの設定ができれば尚良かったですが…1176 ってアタックリリースの設定でかなり質感が変わるので、商品コンセプト上意図的に固定にしているような気もしますが、ワンチャン今後のアップデートで実装されてくれることに期待したいです(笑)

2020年3月11日まで無料となっています。以降は49ユーロでの販売となります。

商品情報

合わせてどうぞ