thumbnail

RODE M1 というダイナミックマイクをご存知でしょうか。安価ですがこれが意外と良い感じのマイクなのでご紹介させていただきます。

昔のデータを整理していたら雑な紹介記事が出てきたので全面的リライトです…笑

RODE M1 とは

コンデンサーマイクなどのマイクロフォンを中心に扱う RODE 社が2008年に発売開始したボーカル向けのダイナミックマイクです。

RODE というと、コストパフォーマンスに優れたコンデンサーマイクの NT-2A 等が有名ですが、今回紹介するダイナミックマイクの M-1 も RODE らしいコストパフォーマンスに優れたモデルになっています。

ライブ用や、入門用としてもピッタリのマイクですが、決して安かろう悪かろうの製品ではないところがポイントかなと思っています。

購入するとこのようなちょっと格好良い気がしなくもないケースが付いてきます。

ダイナミックマイクとは

ボーカル用のマイクでよく使われるものとして、ダイナミックマイクとコンデンサーマイクがあります。

これらは集音の仕組みが異なるのですが、その性質もはっきり異なります。

ざっくりとですが以下のような感じ。

  • ダイナミックマイク:頑丈・安価・低感度・電源不要
  • コンデンサーマイク:繊細・高価・高感度・電源必要

という感じです。このような特徴から一般的にライブではダイナミックマイク、レコーディングではコンデンサーマイクが使われる事が多いです。

私が RODE M1 を選んだ理由

私が RODE M1 を購入したのは、DTM による宅録で自分のボーカルをレコーディングするためです。

上記の通り一般的にレコーディングにはコンデンサーマイクが使われることが多いですが、敢えてダイナミックマイクである M1 を選びました。

その理由が下記になります。

  • 雑に扱っても大丈夫
  • 低感度・単一指向性で余計な外音を拾いにくい
  • ジャンル的な相性
  • コストパフォーマンス

頑丈で雑に扱っても大丈夫な点、低感度・単一指向性で外音を拾いにくい点については、素人の宅録という条件においては非常に助かるポイントです。

コンデンサーマイクだと一般的に高解像度で繊細にニュアンスを拾える反面、しっかり防音が出来ている環境でないと周囲の余計なノイズまで拾ってしまいます。さらに高価なのに壊れやすいので、素人が扱うのには結構つらい部分があるんですよ。

ジャンル的な相性については、ボーカルスタイルがデスボイス・スクリームの類のためです。このジャンルだと敢えてダイナミックマイクの方がザクッとパンチのある音が録れて相性が良い場合があります。実際にライブで定番の Shure SM58 を敢えてレコーディングに用いているバンドもいます。

あとは、何より RODE M1 は安価です。サウンドハウスで1万円を切る価格でファーストチョイスに最適です。Shure SM58 よりも若干くらい安価な感じですが、これから紹介するように品質面で決して劣ってはいないんです。

抜けの良いサウンド

商品特性的にも価格帯的にも、RODE M1 の競合はダイナミックマイクの超ド定番である Shure SM58 になると思います。

で、音質面を SM58 と比べると、M1 の方がクリアで抜けの良いサウンドだと感じます。

SM58はミドルがガツっと出てきてパンチがある音なのでこれもスクリーム系のボーカルとは非常に相性が良いのですが、M1 の場合は58よりもクセがなくすっきりしていて明瞭な感じです。

籠もり感が出にくいというか、ミッドハイあたりのスカッとした感じは完全に M1 に軍配が上がりますね。

基本的に特性はフラットだと思いますが、ローミッドあたりは SM58 よりもスッキリしています。また BETA58 のような高域の刺さる感じもなくて個人的にはとても使いやすく感じました。

堅牢

RODE M1 は、競合と思われる SM58 等と同じく、基本的にはライブでガンガン使っていく事を想定して作られている製品です。

ということで、ちょっと重さは感じるものの非常に頑丈で堅牢な作りになっています。

握っていてこれはちょっとやそっとじゃ壊れなさそうだな…と感じますね。THE・壊れないマイクといったらやはり SM58 ですが、重みがある分こちらの方が頑丈そうに感じます。

実際の限界域での耐久性は、ライブでボッコボコにしてみないと何とも言えませんが…ちょっとやってみたい感じはしますね(笑)

グリルが外せない

これはデメリットです。

SM58 のようにグリルを外して丸洗いしようとしたら、下記写真のような外れ方をしやがりました…。

中身の電気部品まで一緒に外れてきてしまったので、グリルだけ外して水洗いという事は残念ながらできませんでした。

マイクに口を近づけてワーワーやっているとどうしてもグリルには唾が飛ぶので、洗って清潔にしたいんですけどね。(というかしないと臭い)

まあ、ポップガードを買えということですね…。

ちなみに、布にファブリーズを沢山つけてゴシゴシしまくったら一応ニオイは取れました。けど結構大変です。

まとめ

グリルが外せないというデメリットはあったものの、安価だけど品質がしっかり担保されている「使える」ダイナミックマイクが、RODE M1 でした。

音質面は定番の SM58 と差別化出来ているので、声質やボーカルスタイルに合わせて両方持っていても良さそうですね。抜けの良さを重視するなら M1 の方をオススメします。

1本目のマイクとしても非常に良い選択肢なのではないかと思いますよ。

商品情報

スイッチ付きの M1-S もあります。

合わせてどうぞ