thumbnail

こんにちは。Lostmortal@DTMブログ (@lostmortalmusic) です。

オーディオインターフェースって色々な商品が販売されていて、特に初心者のうちは何を買ったら良いのか迷いやすいと思います。そこで、選ぶ際に気にした方が良いポイントをまとめてみました。

オーディオインターフェースとは

オーディオインターフェース。オーディオ I/O(インアウト)などとも言われますが、普段暮らしていても聞き慣れないモノですよね。

DTM や配信をやる上で必要になる機材ではありますが、それ以外のシチュエーションでは触れることが殆どないものだと思いますので、これから DTM 等を始める方にとってはナニソレ状態なのではないかと思います。

オーディオインターフェースとは、PC と音楽機材(スピーカーや楽器など)を接続するための機材になります。

参考までに、私が所持している Steinberg UR-RT4 (上記写真のもの) のマニュアルに記載されている接続例はこんな感じ。こんな風に機器を接続するためのものです。

具体的には、PC と接続したオーディオインターフェースに、スピーカーやヘッドフォンを接続することで PC の音を出力することが出来ます。

マイクやギターなどの楽器をオーディオインターフェースに接続することで PC に録音することが出来ます。

最近では Youtube 用の動画制作や配信用途でも、音質を上げたり任意のマイクを使用するために使われることも多いようです。

「歌ってみた」や「演奏してみた」系でも必須ですね。

何故オーディオインターフェースが必要なのか

PC の機種によっては標準でイヤホンジャックやマイク入力が装備されている場合がありますよね。

私の PC にもありました。(使ってないのでホコリが詰まっていますが…)

機器を繋ぐ所があるならそれで十分なのでは?と思うかも知れませんが、現実問題そういうわけにもいかないんです。

というのも、PC標準のジャックはその規格上、音質はかなり簡素なものとなっています。レイテンシーも大きいため、とても音楽用途に使える代物ではありません。

また接続端子の形状の問題で本格的な機材を接続することも難しいですし、機材を複数接続することも難しいです。

よって、DTM ないし PC である程度まともに音を扱うとなると、どうしてもオーディオインターフェースは必要なものになってきます。

オーディオインターフェースを選ぶポイント

冒頭にも書いた通り、オーディオインターフェースって色々な商品が販売されていて、特に初心者のうちは何を買ったら良いのか迷いやすいと思います。

楽器と違って楽器屋に行って試奏したりも出来ないですしね。店舗によってはデモの DTM 環境が置いていある場合もありますが、オーディオインターフェースの品質比較ができるわけではないです。

しかも価格帯もピンキリなので余計に難しいですよね。そんな中でも自分の用途に合ったものを選びたいところ。

ではどう選んでいったら良いのかという話ですが、オーディオインターフェースを選ぶ際に気にしたいポイントとしては以下になってくると思います。

  • 価格
  • 音質
  • 入出力数
  • 入力のスペック
  • PCとの接続端子
  • 付属DAW

価格

安いものだと1万円未満のものもありますが、そこまで拘らないにしても安かろう悪かろうのものを買う意味はあまりないと思います。

そもそもが音質向上を目的としている部分が大きいですから、あまりに安いものを買っても意味がない可能性があります。

現実的なラインとしては、最も安い価格帯で2万円弱くらいで見ておくと良いと思います。

なお上はキリがないですが、コンシューマー向けのものなら10万円~20万円くらいが超高価格帯のものになるかと思います。業務用だともっといきますけどね。

基本的に価格が上がれば音質も上がると思って良いです。ただし、音質が同じでも入出力数が多いことで価格が上がります。

音質

音質面での指標として、ビットレートサンプリングレートというものがあります。

現代の基準であれば、24bit / 48khz 以上あれば問題ないです。新品で買えるオーディオインターフェースがこの基準を下回ることはまずないので、ここは実際あまり気にしなくて良いです。

なお 32bit / 192khz など、より高いレートを扱える商品もありますが、実際に使うとなると PC のスペックがかなり求められるのでその点はご認識を。個人的にも 24 / 48 より高いレートを使うことは殆どなく、無理にここのスペックを求める必要はないと思っています。

ではどこで音質を判断していくのかというと、製品そのものの作りなどで変わってきます。上述の通り、基本的に価格が上がれば音質も上がる傾向と思って良いです。(入出力数が増えても価格は上がりますが)

メーカーやブランドごとに音の傾向もあるのですが、その辺は沼なので気になる方は自分で研究することをオススメします(笑)

入出力数

楽器やマイクを同時に挿したいなら、入力が複数必要です。

出力に関しても、スピーカーを複数繋ぎたい、ヘッドホンを複数繋ぎたい、という場合は出力数が多いものが必要になります。

ただ、多ければ良いというわけでもなく、入出力数が増えれば当然ですが価格が高くなりますし、物理的に筐体が大きくなります。

コスパ重視のシンプルなものだと 2in / 2out (入力が2本、出力がLRの1系統) のものが多いですね。これをミニマムとして捉えると良さそう。

あまりゴリゴリな環境構築をする訳でなければ結構 2in / 2out で十分だったりするのですが、あくまで自分の環境に必要な入出力数を確保できるものを選ぶ必要はあるでしょう。

入力のスペック

入力端子の形状

入力端子に何のジャックが入力できるかは一応確認したほうが良いです。

画像は XLR とフォンのコンボジャックで、これであればマイクでもギターやベースでもこの端子に入力が可能になります。

殆どの場合がこれですが、たまにそうでない場合もあるので、自分が入力に使う予定の機器及びジャック形状が対応しているかを確認した方が良いです。

ギターやベースを直接接続する場合

ギターやベースを直接接続する場合は、入力に Hi-Z というものがあるかを確認する必要があります。

これはギターやベースのハイインピーダンスな入力に対応するための機能で、これがないと別途 DI が必要になります。

コンデンサーマイクを接続する場合

コンデンサーマイクを接続する場合は、入力にファンタム電源というものが必要になります。動作に微弱な電気が必要なんです。

入力端子の近くに「+48V」みたいなスイッチやランプが付いていればそれが該当します。殆どの場合付いていますが一応確認を。

PCとの接続端子

PC と接続する際の接続端子を気にする必要があります。

自分が持っている PC と購入したオーディオインターフェースの接続端子が違っていると使えませんからね。間違いのないようにしたいですね。

基本は、USB (2.0/3.0) か Thunderbolt (USB-typeC) になると思います。古い Mac だと Firewire というものもありますが、新品で買えるのかは不明。

また、PC (Mac) 用と iOS 用でも商品展開が変わってきます。

なんにしても、自分の PC の規格を確認したうえで、必ず接続が可能なオーディオインターフェースを選んでください。

付属DAW

オーディオインターフェースの機種によっては、DAW の下位グレードが付属しています。

DTM をメインにやろうとしている場合は別途 DAW のフルバージョンを買うと思うのであまり関係ないですが、配信用途などで簡単な録音・編集のソフトが欲しい時には助かると思います。

付属 DAW が何かでオーディオインターフェースを選ぶというのはちょっと手段と目的がズレているような気もしますが、一要素として気にしてみる価値はあると思います。上位版にアプグレ割引が適用できる場合もありますしね、

DAW の選択肢については下記で詳しく書いています。

価格別おすすめオーディオインターフェース

さて、ここからは価格帯別におすすめのオーディオインターフェースを紹介していきたいと思います。

知名度や実績のある製品をピックアップして紹介させて頂きます。

3万円以下

入手力数が最低限で良い場合や最初の1機として選ぶ場合、また配信など非 DTM 用途でゴリゴリに音に拘る感じでもない場合は、2~3万円以下の低価格帯モデルがオススメです。

Steinberg – UR22mkII

  • 接続:USB
  • 対応:Windows, Mac, iPad(アダプタが必要)
  • 入出力:2in/2out
  • 付属DAW:Cubase AI

低価格帯モデルの大定番といえるベストセラー商品が Steinberg の UR22 です。(現行は mkII で2代目)

2in/2out のコンパクトな仕様で基本的な性能はカバーしており、同等品を持っていますがクセのないクリアな音質。

ショップにもよりますが2万円を切る低価格かつ、Steinberg 製なので Cubase の下位グレードが付属しています。

Focusrite – Scarlett 2i2

  • 接続:USB-typeC
  • 対応:Windows, Mac
  • 入出力:2in/2out
  • 付属DAW:Ableton Live Lite, Pro Tools | First Focusrite Creative Pack

Scarlett 2i2 は、上記の UR22 と真っ向勝負しているような低価格帯の有力商品です。同等品を持っていましたが、コスパ製品であっても独特のコシのある質感が魅力的だった印象。

また、付属 DAW に加えて同社のミキシング用プラグインが付いてくるのもポイントです。

Roland – Rubix22 / 24

  • 接続:USB
  • 対応:Windows, Mac, iOS(アダプタが必要)
  • 入出力:2in/2out(Rubix 22), 2in/4out(Rubix 24)
  • 付属DAW:Ableton Live Lite

安心の国産 Roland 製品です。Roland のオーディオインターフェースは配信者やボカロP界隈で人気がありますね。

コスパモデルの Rubix シリーズから2種を紹介。

Rubix22 は、上位機種に比べて機能を最低限に絞っているぶん2万円を切る低価格を実現しています。Rubix24 は、この価格帯でありながらループバック機能(入力音とPC内のBGMを混ぜることが出来る機能)とハードウェアのコンプレッサーを搭載しています。

PreSonus – Studio 24c

  • 接続:USB
  • 対応:Windows, Mac
  • 入出力:2in/2out
  • 付属DAW:Studio One Artist

Studio One で有名な Presonus ですが、低価格帯のオーディオインターフェースに力を入れているメーカーの一角です。

Presonus のオーディオインターフェースはパリッとした元気な音がする傾向にあります。

また付属 DAW として Studio One Artist が付いてくるのは結構デカイと思いますし、Studio Magic プラグイン・スイートと称して Plugin Alliance や Lexicon 等のガチなミキシングプラグインが複数付いてくるのは確実に価格以上ですね…。

Zoom – UAC-2

  • 接続:USB3.0
  • 対応:Windows, Mac, iPad(アダプタが必要)
  • 入出力:2in/2out
  • 付属DAW:Cubase LE

USB3.0 が標準規格となっており、一般的な USB (USB2.0) よりもレイテンシーが小さいの特徴です。

軽くコンパクトな筐体で持ち運びにも便利なのこともあり、Windows ノートでライブパフォーマンスをする際に良いと思います。

また、ギターエフェクター等で有名な Zoom 製なこともあり、音質はギターの録音に最適化されたチューニングがされています。

レビューはこちら。

5万円前後~

予算を5万円程度まで引き上げるとミドルクラスのものが視野に入ってきて、選択肢が広がります。DTM をある程度本格的にやりたいなら、この領域から手を出すのも良いと思います。

Steinberg – UR-RT2 / UR-RT4

  • 接続:USB
  • 対応:Windows, Mac, iPad(アダプタが必要)
  • 入出力:2in/2out(UR-RT2), 6in/4out(UR-RT4)
  • 付属DAW:Cubase AI

ベストセラーの UR シリーズをベースに、Rupert Neve Design のトランスフォーマーを搭載して録音音質を向上させたものです。

私も愛用していますがトランスをオンにするとギラッとリッチな音になり、価格以上の満足感があります。

レビューはこちら。

Audient – iD22

  • 接続:USB
  • 対応:Windows, Mac
  • 入出力:2in/6out
  • 付属DAW:なし

入力、出力ともに音質の評判がかなり良いのが Audient 製のオーディオインターフェースになります。デザインもおしゃれ。

長らくコンシューマー向けのフラッグシップだった iD22 ですが、上位機種の iD44 が登場したこともあってか現在は5~6万円程度で入手可能です。

Focusrite – Clarett 2Pre / 4Pre

  • 接続:USB, USB-typeC
  • 対応:Windows, Mac
  • 入出力:2in/4out(2Pre), 8in/4out(4Pre)
  • 付属DAW:Ableton Live Lite

Focusrite のミドルグレードのラインナップが Clarett になります。

プリアンプ部分は同社の有名な ISA マイクプリアンプをモデリングしており、Focusrite らしい柔らかく温かみがあり太いサウンドが得られます。

Roland – OCTA-CAPTURE

  • 接続:USB
  • 対応:Windows, Mac, iOS(アダプタが必要)
  • 入出力:10in/10out
  • 付属DAW:Ableton Live Lite

Roland の上位機種です。

クリアでナチュラルな音質に加えハードウェアのコンプレッサー搭載。またこの価格帯・サイズ感でありながら入出力数が多いので、ドラムなどのマルチトラックレコーディングにもある程度対応出来ます。

Apogee – Duet

  • 接続:USB
  • 対応:Windows, Mac, iOS(ケーブル別売)
  • 入出力:2in/4out
  • 付属DAW:なし

ポータブル型オーディオインターフェースのレジェンドとも言える存在が Apogee の Duet です。

プロにもファンが多いそうで、据え置き型の他社製品を差し置いて敢えて Duet を使う事もあるという話も聞きます。それくらい音が良いという事。ダイナミックレンジの広さに定評があります。

IK Multimedia – AXE I/O

  • 接続:USB
  • 対応:Windows, Mac
  • 入出力:2in/5out
  • 付属DAW:Ableton Live Lite

アンプシミュレーター Amplitube でお馴染みの IK Multimedia によるギター特化型オーディオインターフェースです。

ギターに最適化された UX に加え、音質面の評判も良いです。海外のギタリスト Youtuber がよく使っている事からもそれが分かります。

また、DAW に加えて Amplitube Deluxe が付属してくるのは非常に…非常に美味しいです。

10万円前後~

コンシューマー向けとしてはハイエンドの領域に入ってきます。

本エントリーはどちらかというと初心者向の方へ向けているため、この領域は一概におすすめとはいえませんが、こだわりたいなら是非。有名なものを挙げておきます。

RME – Fireface UCX

  • 接続:USB, Firewire
  • 対応:Windows, Mac, iPad(アダプタが必要)
  • 入出力:8in/8out
  • 付属DAW:なし

ガチ勢御用達の Fireface UCX。個人 DTMer の憧れ機材である一方でプロも使ってますね。スタジオでも見かけます。

非常にクリアで明瞭な澄んだ音やレンジの広さに定評があります。またプロ現場でも見かけることから分かる通り、動作の安定性も評価されています。

Universal Audio – Apollo Twin X DUO / QUAD

  • 接続:Thunderbolt 3
  • 対応:Windows, Mac
  • 入出力:2in/4out
  • 付属DAW:なし

UAD という専用のプラグインをPCに負荷をかけずに扱えるというのが Universal Audio Apollo シリーズ最大の特徴です。

高品位な UAD プラグインを使いたければ選択肢はこのシリーズ1択になります。

UAD を動かす内蔵 CPU (DSP) の性能の違いで DUO と QUAD があります。

まとめ

いかがでしょうか。商品紹介を入れたら思ったより長くなってしまいましたが、オーディオインターフェースの選び方についての記事でした。

基本は、目的に合わせて予算を決め、自分の環境に適合するものに縛り、その中から選んでいく感じになると思います。

今回紹介した選ぶポイントを抑えつつも、オーディオインターフェースって試用が出来ないので音質面の気に入る気に入らないに関しては殆ど賭けになってしまいますが、紹介記事やレビューを見てイメージに近いものを選んで頂けると良いのかなと思います。

是非、気に入った機材を見つけて頂ければと思います。