thumbnail

こんにちは。Lostmortal@DTMブログ (@lostmortalmusic) です。

「バンド 辞めたい」という検索キーワードを見つけました。つまりそれだけバンドを辞めたいバンドマンがいるということですが、一応バンド歴10年位の私なりに辞め方や考え方について切り込んでいきたいと思います。

バンドを辞めたい!?

…まあ、バンド活動をしていればそのように思うことの一度や二度はあるでしょう。

好きで始めた事とはいえ、やっていくと色々ありますからね。

私自身も大量のポシャったバンドを経験していますからお気持ちお察しします。

しかし何故「バンド 辞めたい」などと検索するのでしょうか。

辞め方に困っている感じでしょうか。

はたまた、モチベーションが下がってきて辞める選択肢がよぎってきたけど、まだ決断はできてなくてひとまず他の人の事例を見たいとか、そんな感じでしょうか。

安心してください。何れにしても私自身もよく経験してきた事ですので、少しお話しさせていただきます。

バンドの辞め方

バンドを辞める方法のベストって実際のところ、そのバンドの状態によります。私の経験をもとにいくつか例を紹介していきます。

飛ぶ

立ち上げ期の不安定なバンドだったりすると、バックレや音信不通、LINEで一言残して勝手に去るなんていうのは普通にあります。

チキンな人や無責任な人ってどうしても一定数いるので、本当に立ち上げ期のバンドには必ずといって良いほどバックレはつきものだったりします。

もちろん良いとは思えませんが、せいぜいLINEを交換したくらいの他人が相手となると、そういった無責任な飛び方をしても痛い目を見ることは無かったりするのが正直なところですね…。

リーダーに伝える

これも立ち上げ期に多いパターンですが、言い出しっぺのリーダー的な人物を通して先に連絡や相談をするパターンです。

大体その人とのコミュニケーションから関係が始まっているので、やりやすく楽なパターンであることが多いと思います。

その後の対応は相手次第なところもありますが、代わりに脱退の旨を他メンバーに伝えてくれたりしてスムーズに終われることが多いですね。リーダーが常識人だと思えるケースなら、この形が無難でしょう。

会って理由を伝える

こちらはある程度活動してきたバンドでの話です。

最初のうちは良くても、やっていくうちにどうしてもすれ違いが発生したり、各々の環境の変化でバランスが取れなくなってきたり…という事はあります。

そのように辞める理由がハッキリしている場合は、正直にその旨を伝える、ストレートなやり方で良いでしょう。

というかまともにやってきたバンドはこれに限ると思います。正直言って辞め方もクソもないっす。笑

理由は正直に伝えれば良いと思いますが、何かしら伝えにくい事情があればぶっちゃけ嘘でも良いとは思います。

ケンカ別れにならないようにするには、批判的な言い分にならないように気をつけることです。バンドやメンバーのことを悪く言うのは最悪なので、そこはあくまで相手を尊重しつつ、自分の理由を伝えるべきです。

それでもケンカになる場合はしゃーないので、諦めてケンカしましょう(爆

バンドマンはアナログな人も多いので、実際にメンバーと会って面と向かって伝えることが結構大事かなと思います。(まあバンドによる部分ではありますが)

いつまで続けるかはキッチリ決める

仕事を辞める時と一緒ですが、いつ限りで、という期間を決めて辞めるとお互い動きやすいと思います。

バンド側も以降のブッキングの調整や、新メンバーの補充などありますからね。

直近でライブが決まってるのにバックレるような形はマジで人としてどうかと思いますので止めましょう。

事例

ここからは私が体験したメンバー脱退の事例をいくつか紹介します。

ちょっと特徴的だったものを中心に紹介するので直接的に参考になるかは分かりませんが、色んな事があるもので…笑い話にでもなれば幸いです。

LINEグループが自分だけに

新規結成で、日曜日に顔合わせMTGをした次の月曜日。

15時くらいでしたかね、まず1人が「やっぱりちょっと違ったので外れます」と言って勝手にLINEグループから抜けました。

それを見た別のメンバーが「自分も…」と言って勝手に抜けました。

それを見たもう一人が「この流れは自分のせいだ…」と言って勝手に抜けました。

それを見たもう一人が「これはあかん!仕切り直しや!」と言って勝手に抜けました。

仕事を終わってスマホを見たらLINEグループが自分だけになっていました。

なかなか衝撃でしたね。3人目の方は特に何をした訳でもなかったのですが…。

問題行動が多く詰められてクビに

これもあるっちゃあるパターンかも知れませんね…。

クビになった彼は、実力が追いつかず次の活動が彼待ちの状態の中で、何かと調子に乗る癖があり、周りのメンバーをよくイラつかせていました。

特にライブが先延ばしになっていったこともあり、メンバーの不満が徐々に表面化していきます。

流石に察してきたのか、練習を頑張る…のではなくてスタジオ欠席が増えてきました。

彼はドラマーだったので居ないと割と困る中、よりによって当日の直前に欠席連絡が入る事が頻発してきて、メンバーの怒りは頂点に。

久しぶりに顔を出した日に相変わらずの調子だったこともありメンバーの怒りが爆発してしまい、彼はさんざん詰められた挙げ句、追い出されるように(逃げるように?)辞めていきました…。

今思うと、色々若さ故ですかねえ。

詰められてクビに(自分が)

ちょっと精神不安定気味の方が仕切っているバンドでした。

最初に会った際に壮大な夢やビジョンを語られて、どこまでやれるかはともかく、形になったら面白そうだとは感じた事もあって乗ってみました。

その後メンバーを紹介されて色々話をして、後日デモ曲が送られてきました。

そしたらそのデモ曲がちょっと…先の夢やビジョンとのギャップがあまりにも大きすぎたため色々意見を言ってしまったところ、見事ヒンシュクを買ってしまいました。

その後のスタジオの当日に、私に宛てて(罵詈雑言込みの)すごい長文のLINEがグループに送られてきました。

何とか対応は試みたものの、自分のコミュニケーション力ではうまく着地させることが出来ず、そのまま降りることとなりました。

他メンバー全員相手側に同調していて、既にどうにもならない空気でしたね、、状況は異なるものの上のケースのパターンが自分に巡ってきたケースですね…。

辞めたいなら辞めるべし

結論です。

元も子もないですが…辞めたいと思っているなら基本は辞めたほうが良いと思います。

迷いがあるとどうしても良い動きって出来なくなってきますし、既にどこかしらで気持ちが離れている証拠です。

そうするとプレイにしろクリエイティブにしろ質は下がってきますが、そういうのって結構メンバーには見抜かれるものです。

そうするとお互い気持ちよく活動できなくなってしまいます。

バンド活動に限らずですが、ネガティブって伝染するので結構注意が必要です。

少し先の未来を想像してみて、そのバンドで自分が活き活きしている姿が想像できなければ、潔く身を引くのが良い選択肢である場合が多いです。辞める決断も時には大切です。

迷っている人へ

「辞めたいなら辞めればいい?それが出来ないから検索してるんだ」

そうですよね、それもわかります。

迷いが全く発生しないことって恐らく無いです。

迷いながらも前へ進んでいく、歩み続けることにも価値があったりします。

私も苦手なんですが、続けることって凄いことだと思います。続けることに価値がある。継続は力なり。

もし迷っていても、そのバンドをやることに少しでも価値やメリット、喜びや楽しさを感じるなら、ぜひ踏ん張って続けてみて欲しいです。

その先に新たな景色が待っている可能性は高いと思いますよ。

音楽よりも人間関係に疲れてしまった人へ

バンドってメンバーや各関係者の人間関係が大きなウエイトを占めます。

音楽は好きだけど、その辺に疲れてしまった…という方には、DTM をオススメします。

この辺りの記事を参考にしてみてください。

こちらも合わせてどうぞ

バンド系コラムもいくつか書いています。よかったらこちらも読んでください。