thumbnail

こんにちは。Lostmortal@DTMブログ (@lostmortalmusic) です。

皆さん、検索エンジンを利用する、いわゆる「ググる」時って、何を目的に利用しますか?ウエイトの大きい利用方法の1つとして「レビュー」があったりしませんか?

つまり「購入を検討している商品についてのレビューが見たい」という目的で利用することが多いです。

DTM 分野においては、まさにそんな需要を満たしてくれるのが個人の DTM ブログだと思うんですよ。そしてそこに存在意義を見出したいという。

今回はそんなお話をします。

DTMブログの存在意義

私自身も DTM ブログを執筆している人間の一人ですが・・・

DTM ブログを書く人はどんな目的で書いていますか?

DTM ブログを見る人はどんな目的で閲覧していますが?

人それぞれだとは思いますが、私は書く側としても見る側としても、著者が買ったものや愛用している機材などの紹介記事・レビュー記事がとても好きです。

少なくとも私にとっては需要も供給もそこにある感じなんですよね。

機材のレビューや使い方に関する記事を書きたくて DTM ブログをやっているし、同様にそういう記事を見たくて DTM ブログ界隈を巡回しています。私はね。

でも、私だけでなく、そういう方は多いのではないでしょうか? Twitter なんかで飛んでくるプチバズを見ているとそんな風に感じます。

個人のレビューのありがたみ

これは私が記事を読む側、つまりいちユーザーとしての意見になりますが、

買おうか迷っているもの、ちょっと気になっていてもう少し詳しく知りたいもの、特定の分野で機材の選択肢を広げたいもの・・・

こういった機材がある時って私は必ずググります。前者2つは機材名で、後者は分野名(「アンプシミュレーター」など)でググります。

ググって出てくる公式の謳い文句や大きめのメディアの特集記事…も良いのですが、やっぱり本質的に見たいのって個人による生の声なんです。

自分が実際に使用するときと近い状況で、自分に近い目線で、自由に書いてくれる生の声。これが一番リアルだし役に立つ情報だと思うんです。

もちろんアフィリエイト案件なんかもありますけど、そもそも DTM 分野ってアフィリエイトでゴリゴリに金が稼げる分野ではないこともあってか、あまり気にせずにリアルな声が聞ける印象です。当サイトの記事も、アフィリエイトリンクを設置していてもいなくても基本的に記事の内容は変わらないですし、自然にそうなります。

DTM ブログ界隈って、ひと昔前まではそういうリアルな声に溢れていた素敵な世界だったと思うんです。

(※筆者の DTM ブログ閲覧歴は長いです。当サイトの運用歴は短いですが…)

だがしかし下述。

Googleのアップデートで個人が締め出された

検索エンジンのシェアの殆どを占めるのが Google です。

そんな Google は年に数回くらいの頻度でコアアップデートという、検索結果の順位を決定するアルゴリズムの変更を行います。

コアアップデートが施行されると個人のブログは多かれ少なかれ検索順位を落とされるケースが多いのですが、2020年5月に施行されたコアアップデートでは、恐ろしく極端なまでにそれが起こりました。当事者にとってはテロや革命の類と言えるレベルにね…。

その結果、レビューを掲載している個人のブログ記事、特に比較的新しい記事については殆ど検索結果に出て来ることが無くなりました。

(※私のブログもアクセスが激減しました)

発信者としても読者としても、これは非常に困ります。。。

代わりに出てきたものは

個人ブログが締め出された代わりに検索上位にヒットするようになった記事としては、1つは公式サイトなどの情報です。

これはまあ良いでしょう。

もう1つは、口コミサイトや知恵袋系の記事です。しかも古い。

口コミや知恵袋系も1つ1つは個人の発言ではあるのですが、きちんと書かれているブログに比べて明らかに情報の質が低いです。

あるキーワードでは、10年前の Yahoo! 知恵袋の質問(しかも回答が回答になっていない)が2位くらいに来ていたりして…

Google 先生、そんなもの一体誰の役に立ちますか?

と真剣に問いたいレベルです。

また、個人ブログでも古い記事はまだ比較的生き残っているようです。

しかし、DTM 機材、特にプラグイン周りって技術の進歩や移り変わりが激しい界隈なので、純粋に古い記事だとあまり役に立たないことも多いんですよね…。

これは SEO 的な愚痴ですが、「権威性」を重視しすぎた結果、検索エンジンが何か間違った方向に行ってしまった気がしてならないです。

これからの DTM ブログの話

このような事情から、個人レビューが以前よりも見難くなってしまいました。

発信者としてもモチベーションがガツンと下がることでしょう、最近は頻繁に更新されているブログも非常に少ないですよね。

ですが、それでもやっぱり今後も DTM ブログのレビュー記事を見たいんですよ。

優秀な発信者の方は Youtube に移行している人も多いと思いますが、個人的には未だに WEB の活字で見たいんです。

映像や音声がないことは必ずしもハンデではなく、想像力を掻き立てる余地がある。そこに1つ面白さがあると思うんですよね。

機材のレビューにしても、動画で答えが全て見えてしまう内容だと、それが良いこともあれば、逆に動画で満足してしまって購入しないこともある。一概に良し悪しは言えないと思うんです。

レビュー者の文章を読みながら自分の音楽にどう使っていくかを考える時間が楽しいとも言えます。動画よりもそこを考える余地が活字にはあると思います。

だから、生き残れるブログは生き残って欲しい。今後も発信を続けて欲しいなと思います。

また SEO の話になって恐縮ですが、DTM 分野って、YMYL (Your Money Your Life) に大きくは該当しない、かつ超ニッチ分野です。

まして、今一時的に Google 先生によって DTM ブロガーも地獄に落とされている事と思いますが、その代わりに出てくるのが10年前のゴミみたいなポータル記事です。流石に Google 先生的にもこれが正しい処置だったという結論にはならないはず。

なので、書き続けていればいつかまた検索にヒットするようになってくるはずだと、私はそう見積もっています。

SNS をうまく利用されている方もいらっしゃるかと思いますが、それも大正義。私はうまく出来ていませんが、現代の生き残り戦略としての大正義ですね。

さいごに

なにかの拍子でこの記事を見に来てくれた方へのささやかなお願いです。

自分で DTM ブログを運営し発信をされている方は、引き続き DTM ブログを続けていって欲しい、好きな機材のレビューを書き続けて欲しいと思います。

閲覧者の方は、是非、気に入った記事を SNS でシェアするなどして、DTM ブログを応援して欲しいと思います。

ネットの活動が多くなる DTM だからこそ、ブログ界隈が盛り上がればより楽しい世界になると思います。

私も引き続きレビューを書いていきたいと思います。DTM ブログの価値は生の声にあると信じつつ、少しでも DTM ブログ界が盛り上がることを祈って。