thumbnail

こんにちは。Lostmortal@DTMブログ (@lostmortalmusic) です。

Plugin Alliance で販売されている Ampeg のアンプシミュレーターから、モダンな SVT-3PRO を紹介したいと思います。PC上で Ampeg の音がします…!

Ampeg SVT-3PRO のアンプシミュレーター

Plugin Alliance から、Ampeg 公式のアンプシミュレーターが出ています。今回紹介する SVT-3PRO もラインナップのうちの1つです。

ベースアンプの有名どころといえば Ampeg ですよね。ギターでいうところの Marshall みたいなポジションで、スタジオやライブハウスに常設されていることが多いです。

個人的には、自分で色々ベースの音作りや機材を試しても、「結局スタジオのアンペグのほうが良いや」みたいになることも多かったりします。それだけベースアンプの中でも定番かつ鉄板といって良いのが Ampeg のベースアンプだと思います。

そんな Ampeg アンプの中でも「モダンなAmpeg」として地位を築いているのが、今回(シミュレーターを)紹介する SVT-3PRO です。

SVT-3PRO は、SVT-PRO シリーズの中でも特にスタジオやライブハウスの常設で見かけることが多く、音も扱いやすく良い音が作りやすいので、非常に安心感やあるとありがたみを感じるアンプでもあります。個人的にも Ampeg で一番好きなアンプで、出演先のライブハウスに SVT-3PRO が備わっていたら持っていく機材が軽くなります。笑

そんな定番のモダンAmpeg である SVT-3PRO が Plugin Alliance からアンプシミュレータープラグインとして販売されています。

Ampeg 公式で開発・モデリングは Brainwox となっており、品質の期待値も高まりますね。某アンプシミュレーターソフトは公式モデリングの称号を剥奪されていましたが…。

かなりそれっぽい

鳴らしてみた印象としては、「おお、これこれこの音!」って感じでした。

バンドでベースを弾いている身としては、スタジオやライブハウスで SVT-3PRO を触る機会はそこそこ多いのですが、これは完全に知っている音ですよ。

非常に SVT-3PRO らしい、ソリッドで芯が太く、バキッと腰の据わった安定感がありつつも、真空管の粘りもあって低域が気持ちよく出るという、まさにその音がします。

いやーなんというか、主観的な感想ですみませんが感動的ですね。Ampeg の音だ!って。

そしてまた良いのが、施設常設の使い込まれたくたびれた音ではなくて、新品のシャキッとした質感であることです(モデリングする上では当たり前かもしれませんが)。くたびれていない元気な SVT-3PRO の音です。

音作りの幅や質感の再現度も高い

上記と同じ画像ですが、SVT-3PRO の特徴の1つが音作りの幅の広さです。

ウルトラハイ、ウルトラローのスイッチに加えてブライトスイッチがあり、ミドルのフリクエンシーが5段階選択可能な3バンドEQ、それに加えて別途クラフィックイコライザーも備わっており、TUBE GAIN ツマミで真空管への突っ込み量も調整できるという、至れり尽くせりといえる仕様なのですが、その特徴がしっかりと再現されています。

各パラメーターの効き方も似ています。モダンな音像と相まってドンシャリで厳ついサウンドメイクをすることも多いアンプですが、いやかなりそれっぽですね。

もちろん過激な音像にせずに柔らかめに作ることも可能です。そういう中でもモダンなダークさが残る感じも良いですね。

また、弦がこすれるジャリッとしたフィンガーノイズがシミュレーターとは思えないほど生々しく出てきます。これも Ampeg らしいポイントの1つだし、この再現度凄いなと言うのが正直な感想です。

FXパネルで更に音作りを詰められる

Plugin Alliance で売っている Brainworx のアンプシミュレーターとしてはお馴染みの機能ですが、アンプ上部をクリックすると FX パネルが出てきます。

ここでノイズゲートやフィルター、アンプへのインプット量の調整ができるほか、IR Loader 機能が備わっています。

IR Loader では標準搭載の IR ファイルが約30種類から選べます。30種類ってやや少ない気もしましたが、このくらいのボリュームがかえって選びやすく丁度良かったです。Diezel のアンプシミュレーターは120個くらいあって選ぶのが大変でしたからね^^;

なおサードパーティの IR をロードする機能はないので、使いたい場合は IR の選択をなしにして、別途 IR Loader プラグインを使用する必要があります。

標準搭載の IR だと、全体的に SM57 マイクと相性が良いですね(表記名は DYN57)。スピーカー8発、4発、1発とキャビネットタイプを選べますが、どのタイプでも 57 が一番合う気がします。さすが SVT-3PRO。

まとめ

正直びっくりするほど「良く知っている Ampeg の音」で最高でした。

元々実機をよく知っている機材だけに、最近のプラグインはリアルだな、なんてしみじみ思いました。

というか、もはやこれをバンドのレコーディングで使いたいと思ってしまいました。BIAS MINI にインストールして現場に持っていきたいなどと…(※さすがに不可能です)。実機は当然ですがプラグインよりも高価だし、ラックサイズとは言え手荷物として持ち運びするのにはでかいし重いですからね。

そんな感じでとても良かったです。Ampeg 好きな方は是非試してみてください。

商品情報

Plugin Alliance 公式サイトから購入可能です。

合わせてどうぞ